1. まとめトップ

[はやくも]!! 2016年ドラフト会議 注目大学生、社会人編

田中正義 池田隆英 佐々木千隼 加藤拓也 黒木優太 濱口遥大 吉川尚輝 京田陽太 大山悠輔 柳裕也 中塚駿太 高良一輝 笠原祥太郎 生田目翼 鶴田圭祐 石井一成 張奕 尾仲祐哉 山岡泰輔 酒居知史 飯田大祐

更新日: 2016年10月20日

1 お気に入り 21817 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

6daimessさん

創価大 田中正義(大学生) ソフトバンク1位

創価大 (投手)
186㎝90kg 
右投げ右打ち 
MAX156キロ

50年を超えるドラフト史上初の「12球団重複1位指名」まであるぞ……とささやかれる“超”のつく大型本格派が創価大・田中正義投手。

最速156キロでアマチュア球界ナンバーワン投手の田中正義(創価大3年)が圧巻の1年を終えた。

東京新大学野球連盟春季リーグの6試合で計45回1/3を投げて自責点2、防御率0.40を記録したのも序章に過ぎない。

2015年6月29日に行われたNPB選抜(2軍若手選手中心)との試合ではプロから7者連続三振。今秋リーグ戦も、ノーヒットノーランを達成するなど46イニング無失点。防御率0・00

侍ジャパンが、今年3月5、6日の台湾代表との強化試合(ナゴヤD、京セラD)に今秋ドラフトの超目玉である創価大・田中正義投手(3年)を招集することが1月19日、明らかになった。

広島は1月12日にスカウト会議を行い、候補選手をリストアップする予定。競合間違いなしの田中の指名に踏み切るかどうかは現時点で未定だが、背番号18を受け継ぐことが出来る素材に違いはない。

広島松田元オーナーが前田健太投手(27)のポスティングシステムでの米大リーグ、ドジャース移籍により空位となる背番号18について「長くエースをやってくれる選手が背負ってくれた。支えてくれる選手につけてもらいたい。田中とかね」と驚きの発言をした。

田中正義魅力的だけどわざわざ競合してまで爆弾持ちとって意味あるのか? 即戦力なら他に生きのいい社会人とかいるんじゃないのか? 取ってみなきゃわかんないけどリスク冒してまでいく意味がイマイチわからん

今年はかなり豊作だからこそ田中正義特攻が増えるのではないかという予想 昔の野茂みたいな

創価大 池田隆英(大学生) 楽天2位

創価大 (投手)
180㎝80kg 
右投げ右打ち 
MAX151キロ

今ドラフトの“目玉”田中正義と創価高、創価大でエースの座を競ってきた。身長180センチ、体重80キロ。最速151キロの速球と切れのあるスライダー、カーブを持つ本格派右腕だ。

桜美林大 佐々木千隼(大学生) ロッテ外れ1位

桜美林大の最速153キロ右腕・佐々木千隼投手(4年・日野)。即戦力の1位候補を、阪神、巨人など4球団のスカウト陣が視察。“TG争奪戦”が勃発する可能性も十分だ。

慶大 加藤拓也(大学生) 広島外れ外れ1位

慶大 (投手)
175㎝88kg 
右投げ右打ち 
MAX153キロ

慶応高1年秋に遠投115メートルの強肩を買われ、捕手から投手に転向。本格的な投手歴は5年ほどしかない。小柄だが、このオフにヤクルトのライアン小川のように胸の高さまで左足を高く掲げるフォームに改造した

立正大 黒木優太(大学生) オリックス2位

立正大 (投手)
178㎝75kg 
右投げ左打ち 
MAX153キロ

逸材が揃う中、"隠れドラフト1位候補"に挙げられているのが、最速153キロの東都No.1右腕・黒木優太(立正大)だ。

既に巨人、オリックス、地元横浜のDeNAなど全12球団が調査書を提出。

神奈川大 濱口遥大(大学生) 横浜外れ外れ1位

「大学ナンバーワン左腕」の呼び声が高い。身長173センチと上背はないが、威力ある直球とチェンジアップで三振が取れる投手。全日本大学選手権で準優勝し、大学日本代表にも選ばれている。

中京学院大 吉川尚輝(大学生) 巨人外れ外れ1位

中京学院大 (遊撃手)
177㎝79kg 
右投げ左打ち 
遠投97m 50m5秒7

岐阜学生リーグの中京学院大・吉川尚輝内野手(4年=中京)が17日、12球団47人のスカウト・球団関係者の視線を集めた

走攻守そろった今秋ドラフト上位候補の遊撃手。阪神の熊野スカウトは「動きが西岡の若いときのよう。スピードは1軍レベルでもそん色ない」と高評価した。

日大 京田陽太(大学生) 中日2位

日大 (遊撃手)
184㎝80kg 
右投げ左打ち 
遠投100m 50m5秒9

俊足で強肩。守備力については、スローイングやグラブさばきを含めて堅固。大学侍ジャパンでは京田は下位打線。

1 2 3