1. まとめトップ

【転職】「受かる」英文履歴書/職務経歴書の書き方!【レジュメ/CV】

英語の職務経歴書(CV)、どう書けば良いか迷ったことはありませんか?しっかりポイントを押さえたレジュメで面接にGO!

更新日: 2020年01月09日

9 お気に入り 14507 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

melodienelさん

※英文履歴書・職務経歴書にはさまざまな書き方がありますが、ここでは「ある程度のキャリアのある人が日本で外資系企業・日系グローバル企業に転職する時」を想定し、一般的と思われる書き方を集めました。

一般的な注意事項

レジュメの長さ(枚数)は、大学院を卒業した方や10年以上の職務経歴のある方はA4で2枚程度、それ以外の方は1枚で納まる程度に簡潔に記載しましょう。

エクセルやパワーポイントで作成する必要は全くありません。自分でも後から編集のしやすいワードで十分でしょう。

日本人応募者の中には英文履歴書にもmale/age 34/married/two kidsなどの個人情報を盛り込む人がいます。しかし、英文履歴書の場合、これらの情報は基本的に「書かなくてよい情報」です。

[1] まず氏名と連絡先を記載

氏名、電話番号、メールアドレス、住所を、やや大きめのフォントで中央に記載します。

[2] OBJECTIVE(目的)またはSUMMARY(要約) - どんなポジションで、自分のどの能力を活かせるのかをアピール

Objectiveではどのような業界・どのようなポジション・どのような仕事をしたいかについて1行で記す。

Seeking an Administrative Assistant position with a company that will allow me to fully utilize my communication, organizational, and problem solving skills

私のコミュニケーション能力、組織力、問題解決スキルをフルに活かせる企業での総務アシスタントポジションを希望し求職中

Seeking a ___(A)___ position which will allow me to utilize my ___(B)___ skills and abilities to contribute to the company's success

__(B)__のスキルや能力を活かし社の成功に寄与できるような___(A)___のポジションを希望し求職中

(A)は募集要項にあるポジションのタイトル。
Sales セールス
Business Development (主に新規開発)営業
Software Engineer ソフトウェア・エンジニア
Consultant コンサルタント
Finance Manager 財務マネージャー など

もしくはmanagerial(管理職の)、entry-level(エントリーレベルの)などとすることもできる。

(B)はスキルや能力
language (語学力)
communication (コミュニケーション)
engineering (エンジニアリング)
problem-solving (問題解決)

Objectiveの代わりにSummaryでも良い。自分の能力や資格など「市場価値」をアピールできる情報を簡潔に記載。

(Over) ___(A)___ years of experience in ____(B)____ (including ____(C)____ and ____(D)____)

(____(C)____や____(D)____を含む)____(B)____において___(A)___年(超)の経験


(A)は実際の経験年数
(B)は大分類での自分の仕事分野
Marketing マーケティング
Administration 総務
Supply Chain サプライチェーン
Sales セールス

(C)や(D)には経験した業務を小分類で記載
例えばサプライチェーンの場合、inventory management(在庫管理)、purchasing(購買)、logistics(物流)など。

Highly focused and meticulous Accountant with an excellent employment record of accuracy and client satisfaction.

正確性やクライアントの満足度において優れた実績を持つ、非常に明晰で几帳面なアカウンタント(会計担当者)。

[3] EXPERIENCE (職務経験) - 仕事の経験・実績・スキルを簡潔に

会社名 勤務年月 役職名 基本的な実務及び、どのような商品(サービス)を取り扱っているのか(2行程度に纏める)
その仕事でどんなスキルを身に付けたのか(応募している職種で必要と思われるスキルを記載)
その仕事で身に付けた能力、またその仕事で行ったこと(成績など)

例)Conducted development and design for vehicle engines.
  自動車エンジンの設計・開発。

例)Successfully led multiple projects with multiple clients as project manager.
  プロジェクトマネージャーとして、複数クライアントとのいくつものプロジェクト指揮に成功。

肩書きの書き方
たとえこれまでの会社では肩書のつかない平社員であっても、英文履歴書には自分の職務に見合う肩書きを考えて書いてください。たとえばマーケティング部所属の社員であれば、「marketing specialist」「marketing assistant」「marketing coordinator」などが使えます。

[4] EDUCATION (学歴) とQUALIFICATION (資格)

最終学歴・最高学位から順に記載します。四年制大学以上を卒業している場合、高校まで記載する必要はありません。

・大卒
Hogwarts University, London.
B.A. in Theatre Arts, 2004

 ・短大
Hilton College , Tokyo
Diploma in Business, 2002

 ・高卒
Nishizu High School, Tokyo, 2000

中退した場合、在籍したが学位は取得しなかった場合、学校名と在籍期間を記します。
(例) ABC Language School, May 2001 - Jan 2002

1 2