1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

名実ともに「世界のキタノ」に…北野武が仏最高勲章レジオン・ドヌール受章

北野武(69)がフランス政府からレジオン・ドヌール勲章の「オフィシエ」を授与されることが18日、明らかになった。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年10月19日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
24 お気に入り 52133 view
お気に入り追加

○北野武監督がフランス最高勲章「レジオン・ドヌール」受章

北野武(69)がフランス政府からレジオン・ドヌール勲章の「オフィシエ」を授与されることが18日、明らかになった。

北野の所属事務所が明らかにしたもので、叙勲式は25日にパリ市内で行われ、北野も出席するという。

○フランス政府は北野の活動を高く評価

フランス政府は北野の映画監督としての活躍だけでなく、日本のテレビ番組における長年の貢献も評価。

「芸術ジャンルの限界をやすやすと乗り越え、演劇、テレビ、映画、文学などの約束事を変革して、現代のアートシーンに影響を与えてきた」と受賞の理由を説明している。

○レジオン・ドヌール勲章とは?

レジオン・ドヌール勲章はナポレオン・ボナパルトによって1802年に創設され、現在もフランスの最高勲章とされている。

軍人や文化・科学・産業・商業・創作活動などの分野における民間人の「卓越した功績」を表彰することを目的とするフランス最高勲章。

シュヴァリエ(5等)・オフィシエ(4等)・コマンドゥール(3等)の等級とその上にグラントフィシエ(2等)・グランクロワ(1等)が存在し、仏大統領の決定により授与される。

○日本人映画監督に故黒澤明氏に続く2人目の快挙

“キタノブルー”と呼ばれる独特の映像美で欧州でも高い評価を受ける北野監督が、フランスの最高勲章を手にした。

200年以上の歴史を持つフランスの最高勲章で、日本人映画監督に贈られるのは故黒澤明氏に続く2人目。

○北野さんはこれまで多くの賞を受賞してきた

北野さんは1999年にフランス芸術文化勲章のシュバリエ、2010年に同勲章の最高章コマンドールを受章している。

同年の会見で「次は人間国宝になること。その後、無銭飲食で捕まるのが夢」と周囲を笑わせていた。

昨年には仏シャンパーニュ騎士団から「シャンベラン・ドヌール(名誉侍従)」を叙任されている。

○北野さんのコメントは…

北野監督は「このような栄誉を授かることとなり大変驚いています。そして素直にうれしい気持ちでいっぱいです」とギャグを“封印”し、大感激した。

「これからも自分のスタイルを守りながら、さまざまな仕事に精進してまいります」とコメントした。

○このニュースはネットでも話題になっている

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。



  • 話題の動画をまとめよう