高須克弥が、高須克弥記念財団の活動をはじめとする大金を寄付し続けるのには、彼の生い立ちの壮絶ないじめが起因しているといいます。幼いころから教育も栄養も行き届き、周囲と違って色が白く太っていたことから、高須克弥は、近所の貧しい悪ガキたちに「白豚」といじめられ、正月には「一色町 高須白豚君」とだけ書かれた年賀状が届くこともあったそうです。

この経験から、高須克弥には、いじめられている人を見ると手助けしたくなる”タニマチ癖”が芽生え、頑張る弱者に大金を寄付し続けてきたのだそうです。また、高須克弥は「タニマチにならない金持ちは白豚以下」と、その信条を語っています。

出典高須克弥 西原理恵子と熱愛関係!タニマチから結婚へ!腹筋も整形の凄腕院長

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

バラマキ王・高須克弥先生がノーベル賞ならぬ高須賞設立へ!

がんばる人たちを大金で助けている高須克弥医師がついにノーベル賞ならぬ高須賞を作ることにしたとツイート!

このまとめを見る