1. まとめトップ

日本のメガソーラー ランキング一覧

日本のメガソーラーの発電量ランキングです。随時更新

更新日: 2019年04月01日

2 お気に入り 26634 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

SuperEarthさん

0430MW 宇久島メガソーラーパーク

メガソーラーの発電能力は430MW(メガワット)に達する。岡山県の瀬戸内市で建設中の230MWの計画をはるかに超えて日本最大のメガソーラーになる見込みだ。年間の発電量は5億kWhにのぼり、一般家庭で約14万世帯の使用量に相当する。宇久島が属する佐世保市の総世帯数(約10万世帯)さえも上回る規模になる。

100MW レオパレス21ルーフメガソーラープロジェクト

レオパレス21は、特別目的会社(SPC)を用いて、アパートオーナー様所有の当社管理物件の屋根を借り、太陽光発電システムを設置する「屋根借り太陽光発電事業」(ルーフメガソーラープロジェクト)を開始します。オーナー様には毎月一定の屋根賃貸料を支払い、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」に基づき発電された電力を電力会社に売電します。

100MW 亘理町メガソーラー事業

平成30年の運転開始を目指し、山佐(株)が総事業費約200億円で整備する「(仮称)亘理太陽光発電所」は、防災集団移転跡地や農地なども集約した74・9ヘクタールの用地に設置します。
想定の49500キロワットの出力で稼動する発電量は、町内の全世帯が1年間に使用する電力量に相当すると見込まれ、再生可能エネルギーによる環境負荷の少ないまちづくりの実現が期待されます。

100MW 南相馬市メガソーラー

太陽光発電のプロジェクトでは、南相馬市と東芝が2012年から検討を進めている100MW(メガワット)級のメガソーラーを建設する計画がある。沿岸部の複数の地区に大規模なメガソーラーを分散して展開する構想で、実現すれば年間の発電量は1億kWhを超える。この発電量だけで2020年の太陽光発電の目標値の6割以上になる。

96.2MW パシフィコ・エナジー細江メガソーラー

太陽光発電のデベロッパーであるパシフィコ・エナジー(東京都港区)と、米GE(ゼネラルエレクトリック)グループのGEエナジー・フィナンシャル・サービスは3月31日、宮崎市細江に出力96.2MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)に共同出資すると発表した

70MW 鹿児島七ツ島メガソーラー発電所

50MW 新見市スマートタウン構想

50MW 福島県郡山市メガソーラー

逢瀬町夏出の約120haの用地に建設する予定の出力約50MWの
「福島県郡山市砂欠山メガソーラー発電所」。
完成すれば、福島県で最大規模の太陽光発電所になる。

12.2MW 小名浜太陽光プロジェクト

三菱電機は8月4日、三菱商事、三菱UFJリースが福島県いわき市で推進するメガソーラー発電事業「小名浜太陽光プロジェクト」向けに12.2MWの太陽光発電設備を竣工したと発表した。

【メガソーラーニュース】

「国内最大240MWで、“直流産業”誘致を」
 美作市の萩原市長に聞く

岡山県美作市(みまさかし)には、国内最大となる出力240MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)の計画が進むなど、将来的に市内に300MWを超える太陽光発電所が集積する見込みだ。

1 2