1. まとめトップ
  2. 雑学

今年で没後100年、夏目漱石の名言が現代でも心に響く…!

夏目漱石が生まれたのは1867年、没したのは1916年。2016年は没後100年、2017年は生誕150年という年にあたります。亡くなってから100年たった現代でもグッとくる…。そんな漱石の数々の名言をご紹介します。

更新日: 2016年10月27日

sorarikoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
182 お気に入り 59111 view
お気に入り追加

夏目漱石

小説家。明治26年(1893)帝国大学英文科卒業後、松山中学、第五高校の教師を経て33年ロンドンへ留学。帰国後、東大講師となる。

■国語の教科書で読んだ人も多いのでは

主人公は東京の物理学校(現在の東京理科大学の前身)を卒業したばかりの江戸っ子気質で血気盛んで無鉄砲な新任教師である。
人物描写が滑稽で、わんぱく坊主のいたずらあり、悪口雑言あり、暴力沙汰あり、痴情のもつれあり、義理人情ありと、他の漱石作品と比べて大衆的であり、漱石の小説の中で最も多くの人に愛読されている作品

https://ja.wikipedia.org/wiki/坊つちやん

教科書に坊っちゃんの一部だけ載ってたんだけどおもしろかった 夏目漱石の文章めっちゃ落ち着くね

【あらすじ】
学生である「私」と、彼が「先生」と呼ぶ人物との交流を描いた物語。
若い時分から遁世し、世間や人との関係を絶って暮らす先生に興味を覚えた私は、足繁く先生のもとへ通います。
そして、懇意になった先生から、先生の遁世や独特の考え方の裏には、遺産をめぐる叔父の裏切り、親友の自殺といった過去があることを手紙で知らされます。
しかし、先生が過去を綴った長い手紙は、先生が私宛に残した遺書であり、私が手紙を受け取った時には、先生はすでにこの世の人ではなくなっていたのでした。

http://karakuchi-info.net/education/novels/kokoro/

現代文の教科書に載ってた夏目漱石のこころ面白かった〜〜〜小説買おうか迷うなぁ

夏目漱石のこころは、高校のとき教科書で読んで、これ面白い…!買いたい…!と思って、今年の夏、やっと買いました…! 夏はキャンペーン?で装丁が綺麗になるから夏に買いました(笑)

■2016年は没後100年、2017年は生誕150年!

今年は没後100年、来年は生誕150年と記念イヤーが続くこともあり、漱石に関する番組の放送や記念展が次々と企画されています。

■豊川悦司が夏目漱石役のドラマ『漱石悶々』も放送!

文豪・夏目漱石が世を去って100年という節目の今年、漱石関連の映像作品がいくつかあった中で、豊川が「漱石」に扮する本作のテーマは“最後の恋”? 宮沢演じる「祇園の女」に振り回され、悶々と過ごした京都での29日間を描く。

このSPドラマも面白そう!「漱石悶々」。キャスト豪華だし、脚本は藤本さんだ。楽しみ~。RT↓ 今年は没後100周年だからか、いろいろドラマ化されてるね。この前の「夏目漱石の妻」もすごく見ごたえあった。

#漱石悶々 悶々っていうのが トヨエツにぴったりだなぁと思う(笑) 今は 長谷川博己以外の夏目漱石は???だけどね

■100年たった今でも色褪せない、夏目漱石の言葉

■そんな夏目漱石の数々の名言を集めました。

●「愛嬌というのはね、自分より強いものを倒す柔らかい武器だよ。」

「君は愛嬌あいきょうのない男だね」
「君は愛嬌の定義を知ってるかい」
(中略)
「愛嬌と云うのはね、――自分より強いものを斃(たお)す柔(やわ)らかい武器だよ」

最近では、女性に向かって言われることの多いイメージのある「愛嬌」という言葉を、漱石は男性に向かって説いている。

http://nekodachi.hatenablog.com/entry/2012/08/22/165147

●「自分の弱点をさらけ出さずに人から利益を受けられない。自分の弱点をさらけ出さずに人に利益を与えられない。」

●「のんきと見える人々も、心の底をたたいてみると、どこか悲しい音がする。」

「吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。」という書き出しで始まる。
中学校の英語教師である珍野苦沙弥の家に飼われている猫である「吾輩」の視点から、珍野一家や、そこに集う彼の友人や門下の書生たち、「太平の逸民」(第二話、第三話)の人間模様を風刺的・戯作的に描く。

https://ja.wikipedia.org/wiki/吾輩は猫である

1 2





sorarikoさん

読んで頂きありがとうございます。映画、芸能、ジブリ、twitter等、気になった事をまとめています。皆様に喜んでいただけるような、楽しく分かりやすいまとめを作れるよう頑張ります。よろしくお願いします。

このまとめに参加する