1. まとめトップ

2017ヤクルトスワローズの新戦力一覧!!寺島成輝、星知弥ほか

寺島成輝 星知弥 梅野雄吾 中尾輝 古賀優大 菊沢竜佑

更新日: 2016年10月21日

0 お気に入り 14440 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

6daimessさん

寺島成輝(てらしまなるき) 2016年ドラフト1位

出身地県市
生年月日年月日
身長183cm体重85kg
左投左打
投手

してやったりの一本釣りだ。寺島の単独指名に大成功。真中監督は「2日前(18日)に決めた。隠すのが大変だったよ」と満面の笑みを浮かべた。

「1位を目指していたのでうれしい。(ヤクルトは)明るく野球をやっている印象。去年優勝しているし、レベルが高い。山田さんと野球が出来ることがうれしいです」と、また笑顔になった。

寺島成輝が善家先生にしか見えへんよーなってきた、疲れてるんかな、似てるんかな

寺島成輝やっぱいい投手だな・・・真中の口ぶりだとキャンプでも即呼ばれると思うから頑張って欲しい

ドラフト! 寺島成輝ヤクルトに来た!! 来ると思わなかったし来てくれたらいいなぐらいだったから決まった瞬間はしゃいだね

星知弥(ほしともや) 2016年ドラフト2位

東京6大学リーグで使用する神宮を本拠地とするヤクルトからの指名に「4年間親しんだ神宮はやりやすい。高い評価をいただいてありがたい。」と好印象を口にした。

宇都宮工時代は甲子園出場なし。真中監督は同じ栃木県出身だ。明大では川上憲伸、野村祐輔らが背負った11番を継承した。3年までは未勝利だったが、4年になって通算3勝をマークしている。

梅野雄吾(うめのゆうご) 2016年ドラフト3位

出身地県市
生年月日年月日
身長175cm体重80kg
右投右打
投手

2016年度の高校生は非常に才能あふれる投手が多いが、その中でも最も速いストレートと言われているのが九産大九産の梅野 雄吾。

こっちも書いていなかったが 3位 梅野 雄吾 こちらもMAX154の剛腕高校生。全般的に見て制球は良くなくても、正直寺島に次ぐダイヤの原石だと思う。大成した姿が非常に楽しみな選手でもある。

中尾輝(なかおひかる) 2016年ドラフト4位

出身地県市
生年月日年月日
身長179cm体重83kg
左投左打
投手

中尾はMAX151キロを誇る本格派左腕で、愛知大学野球2部リーグながら1年時から主力として登板。スライダー、シュート、チェンジアップとどの球でもストライクが取れる。

古賀優大(こがゆうだい) 2016年ドラフト5位

出身地県市
生年月日年月日
身長178cm体重75kg
右投右打
捕手

グラウンドでの練習後、寮で吉報を受けると「すごく緊張していたので、指名されてほっとした」と笑顔。そして「将来、ジャパンの正捕手になれるように頑張りたい」と力強く目標を語った。

地肩は、遠投で110mを記録するほど強く、二塁までの送球もコンスタントに2秒を切るほどの速さ。ベストタイムは、なんと1秒78という驚愕の速さを持っている。

5位 古賀 優大 鉄壁のキャッチャー。こちらも甲子園で見ててその時はすぐいいとこを見つけられなかったが、後々思うと方は確かに強く、守備練習もなかなか良かった印象。

菊沢竜佑(きくさわりゅうすけ) 2016年ドラフト6位

軟式野球の選手がドラフト指名されるのは珍しい。大学卒業後、一度は野球をあきらめ、サラリーマンになった経験もある菊沢投手。

秋田高から立大を経て、一度は野球を辞めたものの、横浜金港クラブで復帰。昨季は米独立リーグでもプレーし、現在は軟式チームで野球を続けている異色の経歴を持つ。

TBSのドラフト番組用かな?
まーたヤクルトがドラフトで遊ぶのか

菊沢竜佑投手「夢の途中でくすぶっている人に1軍で投げている姿を見てもらって夢を与えたい」

1 2