1. まとめトップ

天皇陛下の「生前退位」で京都人が密かに期待してること…?

天皇陛下の生前退位などについて話し合う政府の有識者会議の初会合が、さきほどはじまりました。退位が実現したとしてその先、陛下はどこにお住まいになるのか、白紙の状態ですが…京都御所の可能性も???

更新日: 2016年10月29日

3 お気に入り 19176 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

syatohanさん

◎天皇陛下の「生前退位」

天皇陛下の生前退位などについて話し合う政府の有識者会議の初会合が、さきほどはじまりました。

◎今の皇居は皇太子殿下がお住まいになられる…

宮中三殿や宮殿、宮内庁本庁舎や皇宮警察本部庁舎など、様々な本拠地は今の皇居にあります。数年間の準備期間を経て、皇太子殿下もお住いになられることでしょう

◎天皇陛下は退位されるとお住まいはどうなるの?

全てを譲った後は何も口出ししないというのが陛下のお考え。次代の天皇に関与していると誤解されないため、皇居の外に出られるかもしれない。

◎そこで京都人が密かに期待している…

退位が実現したとしてその先、陛下はどこにお住まいになるのか、白紙の状態ですが、京都からはぜひお戻りになってほしいとラブコールが上がっています。

平成天皇をご隠居として京都御所にお住まい頂くというのは悪くないんじゃないかなあ。 #kikeba #cbc1053

ニュース見てたら、天皇が生前退位した場合の居住先の一つの案として京都御所があり、それについて「京都は風水で固めてるから安心」とかおばちゃんがコメントしててちょっとワロタ

◎もともと天皇のお住まいのあった京都

京都は,桓武天皇が都を遷(うつ)されて以来明治初期までの1千年あまりの間,天皇のお住まいのあったところです。

◎明治維新…明治天皇の東京行幸

慶応4年7月17日(1868年9月3日)に江戸が東京と改称され、同年9月に元号が明治に改められ、同年10月13日に天皇が東京に入り、明治2年(1869年)に政府が京都から東京に移された。

◎京都人はこれを「天皇陛下の東京出張」と呼ぶ?

京都の人って、天皇さん東京に出張してはるだけや、て思ってるみたい 実際、遷都の儀はしてないとかきいたことある…

◎しかし、その後、京都御所を残して行政機関も東京へ移された

京都では京都御所を後に残して、明治4年(1871年)までに刑部省・大蔵省・兵部省などの京都留守・出張所が次々に廃され、中央行政機関が消えていった。

◎東京が「都」として定められる

明治維新のとき江戸が東京とされ、都として定められたこと。京都との東西両京としたうえで、慶応4年7月17日(1868年9月3日)に江戸が東京と改称され、同年9月に元号が明治に改められ、同年10月13日に天皇が東京に入り、明治2年(1869年)に政府が京都から東京に移された。

◎しかし、京都が「都」でなくなったわけではない…

京都から東京に遷都(せんと)されたのではなく、正しくは「奠都(てんと)」。ふたつの都を定めたにすぎない。

実は、日本には首都というものが法的に存在しない。幕末から明治維新にかけて東京と京都の二都制になり、そのままなし崩しで東京が“首都のフリ”をしているだけだ。

日本の首都は東京である、と定めた法律はどこにもない。

1 2