1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

kaRuishiさん

テレビをネットで同時に見られるようになる、総務省発表

総務相は2019年にもテレビ番組をインターネットで同時に配信する「ネット同時配信」を全面解禁する方針を固めました。
NHKのネット同時配信を制限している放送法を改正、民放にも参入を促すとのこと

テレビを持っていなくても、受信料を払わされるかも

「テレビ受像機を持たず、NHKの受信料を払わない」という家庭からも、受信料を徴収する格好の理由付けになるからだ

総務省は有識者会議でネット同時配信を見られる環境にある視聴者から、受信料を徴収する仕組みを検討するとしている。
自宅にテレビがなくてもパソコンやスマートフォンがあれば、受信料をとられてしまう

ネットやスマートフォンの回線使用料から強制的に徴収することも可能かもしれないが、さすがに反発の声は高くなるはず。
すでにNHKアーカイブスで行われているような、「ひと番組いくら」で番組視聴の権利を購入する形に着地するのが現実的な線だろうか

NHKに受信料払いたくないけどネット配信して徴収するってならもう税金化すればいいじゃんか。難癖つけて取ろうとすんならNHKの内部粛清して税金にしてしっかり運営すりゃええ。各地域に人員雇って徴収することの方がよっぽどナンセンスだわ。むしろ、その人員雇なくて良い分安い税金になるはず。

石原進経営委員長は9月13日にネット同時配信に関して「公共放送を維持していくためには、ネット配信であっても何らかの受信料をいただく必要がある」と発言

放送を単にネットに垂れ流して誰彼構わず受信料を徴収するのではなく、定額制動画配信サービスのような形で料金を支払った人のみが見ることができる形にしていただきたいものです

不満の出にくい形に、してほしいですね

すでにラジオは、民放による「radiko」と、NHKの「NHKネットラジオ らじる★らじる」がネットによる同時配信を行っている

地理的に聴取が難しい地域への対策として始まり、無料で提供されている。
radikoは月額350円(税別)を支払ってプレミアム会員になると、全国のラジオを自由に聞くことができる

そもそも公共放送として全国くまなく放送を届けるというのがNHKの本務だったはず。

かつて東日本大震災の際に、ある中学生が
「避難所などでテレビがない人のために」と無断でNHKの放送をネット配信したことがあった。
明らかに著作権を侵害した行為だが、NHK側はあえてこれを許諾。NHK側がネット配信を開始するまで配信を継続させた、という出来事があった。

これも、テレビ放送には高い公共性がある、とNHK自身が認識していたからだろう

1