ヘルパーT細胞には、Th1細胞とTh2細胞の2種類があり、Th1細胞は主に感染などを予防する細胞性免疫を担当し、Th2細胞はアレルギーを引き起こす液性細胞を担当している。

 このヘルパーT細胞がバランスよく働いている分には問題がないが、何らかの原因でTh2細胞の働きが強くなると、アレルギーが発症する。

出典乳酸菌で「アトピー性皮膚炎」が改善〜アレルギー予防には“小腸の免疫アップ”|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

結局アトピーの原因って何? アトピー性皮膚炎の原因についてのまとめ。

近年、悩まされている人が増え続けているアトピー性皮膚炎。そのアトピー性皮膚炎はアレルギーの一種だとされていますが、原因は解明されておらず、ストレスや細菌、食べ物など、様々な原因によって発症するとされています。

このまとめを見る