アレルギーが起きるにはその原因が必要になり、原因になる物質のことは抗原(アレルゲン)と言われます。

抗原が皮膚、鼻の粘膜、また口を通って内臓から体内に入った際に、体はその抗原の再侵入に備え抗体を作ります。

抗体には体に侵入した異物を排除する機能(免疫反応)があり、抗原が再侵入した際に抗体が過敏・過剰に働きすぎ免疫異常により、人体に悪影響を及ぼすことによりアレルギー反応が起こります。

出典【アレルギーはなぜ起こる?】|アレルギーとアトピーの関係を知る|アトピーWEB

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

結局アトピーの原因って何? アトピー性皮膚炎の原因についてのまとめ。

近年、悩まされている人が増え続けているアトピー性皮膚炎。そのアトピー性皮膚炎はアレルギーの一種だとされていますが、原因は解明されておらず、ストレスや細菌、食べ物など、様々な原因によって発症するとされています。

このまとめを見る