アレルギーを発症、または後に発症する子どもと、アレルギーを発症しない子どもの腸内フローラでは、細菌の構成が異なることが報告されています。どのようなしくみでアレルギーが発生するのかは、まだ詳しくわかっていませんが、乳幼児期の腸内フローラの構成が免疫系の発達に影響があるらしいのです。

出典『腸を整えれば病気にならない』 辨野義己 廣済堂出版 p59

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

結局アトピーの原因って何? アトピー性皮膚炎の原因についてのまとめ。

近年、悩まされている人が増え続けているアトピー性皮膚炎。そのアトピー性皮膚炎はアレルギーの一種だとされていますが、原因は解明されておらず、ストレスや細菌、食べ物など、様々な原因によって発症するとされています。

このまとめを見る