1. まとめトップ

混迷深まる三浦九段のソフト使用疑惑・・・その黒幕は?

三浦弘行九段のコンピューター将棋ソフト不正使用疑惑を時系列に沿ってまとめます。今回の問題の裏に見えるものは何なのか?将棋ファンはこの件をどう思っているのか?この問題を主導したのは果たして誰なのか・・・

更新日: 2016年10月23日

3takuさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 1277 view
お気に入り追加

【10月12日】 事の発端は、突然の発表だった・・・

日本将棋連盟は12日、竜王戦の挑戦者・三浦九段を出場停止処分にすると発表

竜王戦開始3日前に、突然挑戦者だった三浦弘行九段が出場停止処分になるとの発表。
当然、将棋ファンは騒然となります。

【10月12日 】なんと三浦弘行九段に将棋ソフトの不正疑惑が発覚!?

日本将棋連盟は12日、15日に開幕する第29期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)で、挑戦者の三浦弘行九段(42)が出場しないことになったと発表した。対局中、スマートフォンなどに搭載の将棋ソフトを使って不正をした疑いもあるとして、説明を求めたという。

誰も予想もしていなかった三浦弘行九段のコンピューター将棋ソフトの不正使用疑惑に、将棋界は大混乱となります。

対局中は持ち時間の範囲で対局室から出られるが、連盟によると、三浦九段は今夏以降、離席が目立っていたという。

三浦九段は夏以降、長時間の離席や頻繁の離席が目立っていたとのことです。

連盟側が11日の常務会で聞き取りをしたところ、対局中のスマホなどの使用を否定。「別室で休んでいただけ。疑念を持たれたままでは対局できない。休場したい」と話したという。期日の翌12日までに休場届が提出されず、連盟は処分を決めた。

処分はソフトの不正使用問題ではなく、三浦九段が休場を表明したにも関わらず休場届が出されなかったことに対するもので、処分内容自体も今年いっぱいの出場停止という中途半端なものでした。

三浦九段は朝日新聞の取材に「不正はしていません。ぬれぎぬです」と話し、今後の対応は弁護士と相談中という。

三浦九段は自身の不正行為を否定し、今後の対応は弁護士と協議していくことを表明しました。

【10月13日】 二歩で有名な橋本崇載八段は三浦九段を糾弾!

奴が除名になるかどうかは知らないけど、俺は二度と戦う気しない。

先輩棋士の三浦九段を奴呼ばわり・・・

【10月13日】 2度目の記者会見・・・明らかになった新事実

13日の連盟会見では対局した5人の棋士から調査依頼があったことなどが明かされた

三浦九段は同じプロ棋士仲間5人前後から疑いの目をかけられていたようです。

タイトル保持者の渡辺明竜王(32)が同席した11日の常務会で、三浦九段は「別室で体を休めていた」と説明したという。

出典http://www.asahi.com/articles/ASJBF5SY1JBFUCVL033.html - 朝日新聞デジタル

三浦九段に対する聞き取り調査の際に、竜王戦で対局予定だった渡辺明竜王も同席していたことが分かりました。

日本将棋連盟の島朗常務理事は13日記者会見し、三浦九段から改めて事情を聴く考えはないことを明らかにした。島常務理事は「(出場停止が明ける)年明けの対局で範を示してほしい」と語り、これ以上の処分は科さない意向を示唆した。

今後の調査をしないということは、日本将棋連盟は今件の決着をグレーで終わらすということでしょうか?

【10月14日~】 公式な発表がなくなるも、将棋ファンの中では議論は過熱

三浦九段の6月以降の成績は、6勝9敗と負け越しています

7月以降は6勝6敗(その後NHK杯の結果が分かったので6勝7敗)。
いずれにせよ、不正しているような目立った成績ではありませんが、賞金額の高い竜王戦では勝ち続け挑戦者になっています。

連盟は調査にあたって資料を作成しており、その中には、将棋ソフトが示す最善手と三浦氏の手の「一致率の高さ」を指摘した箇所もあるという。

不正したと疑われるソフト、特に2016年の6月から10月中旬までダウンロード可能なソフトとして最強と言われていた『技巧』との一致率の高さが指摘されています。
特に、竜王戦の久保利明九段戦、同じく竜王戦の丸山忠久九段戦(2戦)、順位戦の渡辺明竜王戦のソフト一致率が高く、この4局でソフトでのカンニングが疑われています。
ただし、上記の4局は手数が少なく一致率が高くなりやすいのではないかとの指摘もあるようです。
4局だけでも一致率が高いのは異常、4局だけではサンプル数が少ないなど、将棋ファンの中でも意見はバラバラです。

【10月18日】 ついに動き出す三浦弘行九段、反論文とNHKインタビュー

将棋棋士の三浦弘行九段(42)が対局中に将棋ソフトを使用した疑惑が浮上し、日本将棋連盟が出場停止処分とした問題で、三浦九段は18日、自らの潔白を主張する文章を、弁護士を通じて報道各社に公表した。

出典http://mainichi.jp/articles/20161019/k00/00m/040/014000c - 毎日新聞

今まで一切の発言をしてこなかった三浦九段が、事件発覚から6日後ついに動き出します。

将棋連盟には所有するパソコン4台と、スマホの全アプリを撮影した画像を提出済みで、これらを精査すれば疑いは晴れると主張している。

三浦九段は日本将棋連盟の聞き取り調査後、自身の持つパソコン4台とスマートフォンの全アプリの撮影画像を提出していました。
将棋ファンの間では、すぐにスマートフォンを提出しないのは疑わしいという意見が当然ありましたが、スマートフォン(携帯電話)は日常の連絡に使うからすぐに提出できないのは仕方ないという意見もありました。

三浦弘行九段が、処分のあと初めてNHKの単独インタビューに応じ、対局中に将棋ソフトを不正に使った疑いで連盟の調査を受けたことについて、「決して不正はしていないので処分を受けるいわれはない」と述べ、「公平にしっかりと調べてほしい」と訴えました。

三浦九段は反論文の他にNHKのインタビューにも答え改めて不正を否定した上で、竜王戦の対局辞退を申し入れたという発表も真っ向から否定しました。
ここにきて、日本将棋連盟が公表した事実と三浦九段が発表した事実に、相当な相違があることがわかりました。

【10月20日】 今もっとも信用できる週刊誌『週刊文春』が今回の件を報じる

「竜王戦」の挑戦者だった三浦弘行九段(42)が不出場になった問題について、対局予定だった渡辺明竜王(32)が週刊文春の取材に応じ、一連の経緯や自らの心境について初めて明かした。

週刊文春の記事は、渡辺明竜王のインタビューがメインで構成されていました。

ソフトで検証していたところ、驚くほど三浦九段の指し手がソフトと一致したという。

2016年10月3日に三浦九段と対局し敗北した渡辺明竜王は、三浦九段の指し手に違和感を感じ後日ソフトで調べたところ、三浦九段の指し手とソフトの指し手との一致率が異常に高かったとのことです。

三浦九段に関する疑惑は将棋界の一部で今年8月ごろから囁かれており、週刊文春も取材を進めていた。他に大手新聞社の記者も情報を把握していた。

三浦九段の将棋ソフト不正使用疑惑は、一部の棋士はもちろん将棋の観戦記者や週刊誌にまで知れ渡っていたそうです。

竜王戦が始まってから疑惑が公になれば、シリーズは中断される可能性が高いと考えました。それだけでなく、タイトル戦を開催する各新聞社が“不正”を理由にスポンサー料の引き下げや、タイトル戦の中止を決めたら連盟自体の存続さえも危うくなると思ったのです。

渡辺明竜王は、万が一竜王戦の七番勝負の最中にスクープという形でこの問題が世に出るとマズイと感じ、日本将棋連盟に対応を申し出たそうです。
今回の問題に対して渡辺竜王が積極的に動いていたことは、将棋ファンの中では大きな話題となりました。

10月7日、渡辺竜王は日本将棋連盟理事の島朗九段(53)に事情を説明。それを受けて10月10日に羽生善治三冠(46)、佐藤天彦名人(28)、将棋連盟会長の谷川浩司九段(54)らトップ棋士7人が集まり“極秘会合”が開かれた。

対応を迫られた日本将棋連盟は、理事の島朗九段を中心に極秘会合を開きました。
島九段の自宅に、問題の告発者である渡辺明竜王、日本将棋連盟会長の谷川浩司九段、日本将棋連盟棋士会会長の佐藤康光九段、コンピューター将棋に詳しい棋士として知られる千田翔太五段、現タイトル保持者の佐藤天彦名人、そして羽生善治三冠が集められました。
更に三浦九段の指し手に疑惑を感じ、日本将棋連盟に調査を依頼していた久保利明九段も電話で会合に参加し、この全員が三浦九段の指し手に疑惑を感じたとのことです。

【10月20日】 羽生善治三冠の会合参加の衝撃と一部報道の訂正

現在の将棋界において圧倒的な影響力がある羽生三冠が、上記の会合にし参加し三浦九段の指し手に疑惑を感じたという事実は、将棋ファンの中で大きな意味を持つこととなりました。
これ以降、将棋ファンの間では三浦九段が不正をしてのであろうという空気に包まれることになります。
そんな中、羽生三冠は妻である羽生理恵(旧名:柴田理恵)のTwitterアカウントを借りて、発言及び週刊文春の記事を一部訂正します。

①こんばんは。突然にお騒がさせてしまい申し訳ありません。本日、一部報道で誤解を招くような表現がありましたのでこの場をお借りして説明をさせて頂きます。まず、灰色に近いと発言をしたのは事実です。 〜②に続く pic.twitter.com/MtqWrfZbpv

灰色に近いという表現はおかしいので、黒に近いという意味かと思われます。
羽生三冠は、様々なことを考慮してあえてマイルドに発言したのかもしれません。

1 2





↓制作まとめ一覧

AKB48関連まとめ
http://p.tl/sYSn

将棋関連まとめ
http://p.tl/B3bK

雑学などのまとめ
http://p.tl/Wd_U



  • 話題の動画をまとめよう