1. まとめトップ

衝撃のリニューアル!「ココナッツサブレ」の「小分け」に賛否両論まとめ

ココナッツサブレ待望の個包装化に「運転のお供には便利」「前の方が好きです」と様々な反応。「前のままでいい」の声が出た理由とは??

更新日: 2016年10月23日

1 お気に入り 21321 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hayate15さん

ココナッツサブレ50年の歩み

10年ごとの日本の歴史を紹介しつつ「ココナッツサブレは、特に何もありませんでした」と、変わってこなかったことを主張していた。

「ココナッツサブレ」は、高度経済成長期の真っ只中の1965(昭和40)年に発売。
当時としては画期的な、ココナッツ風味とシュガーテイストのサブレとして大人気となった。

「50周年の2015年。ココナッツサブレは、変わらなさすぎた過去と別れを告げ、『ココから変わろう。』と決意しました」

2015年3月20日(サブレの日)から、人気アイドルグループの私立恵比寿中学をイメージキャラクターに起用して「おかしなイメチェン」をテーマにキャンペーンを展開

WEBなどを使った積極的なPRで大胆なイメージチェンジを図り、10代~20代の若年層のファン獲得を狙おうというわけだ。

「ココナッツサブレ」がリニューアル

日清食品グループの菓子事業を手がける日清シスコが製造・販売する「ココナッツサブレ」がリニューアルされて「小分け」になった。

1パック5枚入り×4パック(20枚)で、パッケージも小分けになったことがひと目でわかるよう、透明な窓をつけたデザインに生まれ変わった。

地味な存在ながら、今なお多くのファンをもつロングセラー商品だけに、51年目のリニューアルにインターネットなどで驚きの声

「前のままでいい」の声

「一気に食わせてくれ」という声もあがっている。食べ始めて気がついたら、予定よりいっぱい食べてしまうのが魅力だったという。

衝撃的だ。10月17日、あのココナッツサブレが変わってしまった。リニューアル当日に店頭で発見し、膝から崩れ落ちた。いまさら小分けになるなんて。小分け化により「食べる量を調整したい」というニーズに応えるなんて。半分だけ食べるつもりが… twitter.com/i/web/status/7…

「もう小さい頃から定番オヤツだけど、小分けやっぱり必要ないよねw」
「個人的に前の方が好きです...」

「どうせなら今までのものと小分けタイプと併売すればよかったのに。ポテトチップスなんかBIGとか食べきりサイズとかバリエーションあるじゃない…」

「がーん!! あの引き出しみたいなのを少しずつひっぱって食べ続けるのがよかったのに...」
「ココナッツおまえもかよ…」

「今まで半分食べて輪ゴムで縛っておきしばらくして残りのちょっと湿気てべとついた所をかじるのがまた好きだったけどねw」

「あれを短時間に一人で食べてしまうのは僕だけじゃなかったんですね。ちょっと安心」

「ココナッツサブレ個包装なんて認めない」
「小分けなんて余計なお世話だ!」
「前のままでいいよ、ほんと要らないそういうの」

以前からあった不満の声

「すぐ湿気るから開けたら毎度食べ続けないといけないんだよね…、しかも量めっちゃ多いし」
「一人で食べるにはちょっと多いよね。自分はタッパーに入れて湿気ないようにしてる」

歓迎の声

「まあ、携帯用は運転のお供には便利だわ」
「高齢者やお一人様も増えた今の時代ならではの配慮なんでしょうね」
「えっ、なんか反対派の人いるけど、私は小分け派だわ」

日清シスコの担当者

1 2