1. まとめトップ

Hare(1961)によると集団の人数が6人を超えると全員と意思疎通をすることが困難になるためクラスタ形成されやすくなりという
Hare,P "Group size." American behavioral Scientist,24,696-708

多人数会話の人数 では多人数会話を研究する際に何人による会話を扱うべきであろうか?要素還元的な考え方にこだわるならば,多人数会話の最小単位である 3 人ということになる。しかしながら,三者会話も 2 対1 というマジョリティー-マイノリティ構造が容易に生まれ,また会話拘束力も強く話者役割の兼任が行われやすい。では多いほどいいのかというとそうではない。会話の流れが局所的に分化し,会話を 1 つの流れとして展開することが難しくなる。会話拘束力という概念で説明すれば,人数が増え拘束力が極度に低下すると,1 つのトピックに話者を引き付けることが難しくなり,小集団による会話が崩壊してしまうということになる。その閾値となる人数の目安は,先行研究から 6 人であることが分かっている(Hare, 1981)。「他のメンバー全員との相互作用が人数的にも状況的にも可能であり,かつ実際に相互作用の経験をもっていること」を小集団の条件と考えると,それを満たす最大人数である 5 人というのが,研究として扱う多人数の理想的な人数ではないかと考えられる

チームワークの最適人数

・チームの最適人数(128ページより)
2つのピザを食べられる人数、つまり6人から8人がチームとして最適な規模。理由は、そのくらいならしっかりコミュニケーションがとれるし、お互いの個性、強み、弱みをわかりあえるからだそうです。規模でいえば15人程度までは友人同士としてやっていけますが、それを超えると友人以外の人が加わるようになるのだとか。amazonのジェフ・ベゾスも同じことを言っています。これはチームづくりに際して参考にしたいですね。

ビジネスを成功へと導く「チーム術」〜『ザ・チーム 日本の一番大きな問題を解く』を読んで dlvr.it/2mb0V3

AmazonのCEOジェフ・ベゾスが考えるチームの最適人数は「2枚のピザで足りる人数」 dlvr.it/2bGp6C

有意義な議論ができるための適正人数は、4~6人が48.9%と最も多く、次が7人から10人(36.5%)、3番目がぐっと下がって、会議に適正な人数があるとは思えない(8.5%)という答えでした。

これを年齢別に見ると、4~6人派は若い世代、7~10人派は45歳以上と、明確に分かれています

1





石部統久@mototchen 1963 岡山県笠岡市出身玉島育ち岡山市在住の男 糖尿病、鬱病で服薬 後縦靭帯骨化症
https://mobile.twitter.com/mototchen