1. まとめトップ

【社会問題】なぜ日本は自殺率が高いのか?【7つの理由】

こんなに治安が良くて、なんでも揃っている国なのに

更新日: 2016年10月24日

6 お気に入り 68619 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

baseraさん

日本は自殺率が高い!

近代化が進み、裕福な国であるにもかかわらず、自殺率は高い。高所得国の中では4位となる。20~44歳の男性の死亡原因のトップワンが自殺だ。失業中だったり、鬱状態にあったり、社会の重圧などが引き金となっているとされている。

出典カラパイア

理由1 日本人の内向的な性格がそうさせる

江戸時代から日本人は内向的だった

幕府も外国人との交流を避けていたので、内向的

日本人は内向的、ってのも大きいと思うよ。

だって、自殺するとき「すみません」「ごめんなさい」って思いながらの人が多い。
上手く行かないことは、自分のせいにして、それを一人で背負いきれなくなって、謝りながら・・・。
だから、「何を言ってんの?それは皆そうよ」、「甘えるな」などと言われると、自分でもそうかな?と思ったり、一人で傷ついて苦しむ。

自殺率が低い国は、殺人が多いって知っとる?
自分が上手く行かないことも、人のせいにしやすい。
「何を言ってんの?それは皆そうよ」、「甘えるな」などと言われると、相手への憎しみが心の中に生まれる。
外向的な人が多い、ということです。

出典教えてgoo

理由2 宗教・哲学を持たないため

キリスト教は自殺できない決まりになっており、キリシタンのほとんどは自殺しなかった

死ぬ場合は、仲間に介錯を頼んだ

宗教、または哲学を持たない現代人がうつ病になるのはある意味必然ではないでしょうか。
無神論者を気取るほど人は強くないと思いますし、その場しのぎで生きられるほど人間社会はぬるくないでしょう。

自殺およびその前段であるうつ病(自殺の理由のすべてではないが)への予防策として、
「宗教または哲学」これしかないのではないでしょうか。
著名人で見る限りでは哲学者、宗教家に自殺者が少ないのは事実のようです。

出典教えてgoo

哲学の大切さが今分かった

理由3 心の手当てがあまり行われていない

上司に「自分は心の病気です」と言ったら努力不足、真面目にやれと言われた

日本人は心の病は病気じゃない、気の持ちようって考える人が多いんじゃないでしょうか。
心の治療、手当てが行われないから自殺者が多いんじゃないでしょうか。

出典教えてgoo

理由4 自分にも他人にも厳しい

生真面目で自分にも他人にも厳しいからだと思います。
ちょっとした失言でも、よってたかってギャーギャー責め立てますよね。
そして責められた対象者も自分自身を責めてとても落ち込む。

自己肯定力が低いのも原因です。
外国のニュースを見てて思いますが、例えば政治家とかが何か失言して責められたとしても「それがどうした?」という感じで開き直ってるのを感じます。
日本人もあのくらい強気で生きられれば自殺率が下がると思います。

出典ヤフーの知恵袋

理由5 境界性人格障害、うつ、解離性障害など

自殺が多いのは境界性人格障害、うつ、解離性障害などの人です。

一番大事な人格形成は3歳で終了しています
子供の教育を見直す事で自殺率が低下するでしょう

出典ヤフーの知恵袋

理由6 性格と環境

日本特有の、まじめな性格で、相談できる人が少ない環境と、ストレスの多い人とのつながりとかが理由なのかなって思います。

出典ヤフーの知恵袋

理由7 理想主義

私が勝手に思うことは、日本の社会があまりにも、理想主義過ぎると思います。理想のために、個人があまりにも、他人に無関心過ぎると思います。

出典ヤフーの知恵袋

韓国は日本よりも遥かに自殺率が高い!

先進諸国として位置づけられられている韓国は、意外なほど自殺率が高い。様々な場面に置ける社会的プレッシャーや家族の問題が、この現象の一番の原因となっていると考えられている。銃器が規制によって手に入りにくい韓国では、毒を使って自殺を図る人が多いそうだ。

出典カラパイア

1