1. まとめトップ
  2. 雑学

ニュースだけじゃない!「気象予報士」ってどんな仕事?

気象予報士とは、気象庁から提供される数値予報結果や、気象衛星やアメダスと いった観測データを総合的に分析し、気象予報を行う専門家である。

更新日: 2016年10月24日

角刈BOYさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
16 お気に入り 13193 view
お気に入り追加

◇気象予報士とは

「気象予報士」とは、文字通り天気を予測する
プロフェッショナルのことだ。

ニュースのお天気キャスターをイメージしがちだが
活躍の場はテレビだけではない。とりわけ
天候に左右される事業を行う一般企業において
需要の高い国家資格である。

アウトドアの趣味が高じて資格取得をする人も
多く、2016年現在における気象予報士の
資格取得者は9,000人を超える。

気象予報に関する仕事に携わるのであれば
必ず持っておきたい資格の一つだ。

気象予報士制度は、気象業務法の改正によって平成6年度に導入された制度です。

気象庁から提供される高度で様々な気象データを総合的に判断し、自ら責任を持って的確に気象予報を行うことが出来る気象のスペシャリスト。

◇どうやったらなれるの?

気象予報士として働くためには
気象予報士資格試験での合格が欠かせません。

年2回の試験が設けられ、年齢や
職業制限は一切無く、自由に受験することが
できます。ただし、試験会場は
北海道・宮城県・東京都・大阪府・
福岡県・沖縄県の6都道府県に限られます。

試験の難易度は高く、合格率も例年
4%前後と、非常に低い水準を保っている。

ただし、受験者数が多いからといって合格率が下がることはほとんどありません。その点は心配する必要はないでしょう。

◇年齢制限はありません

とりわけ難関とされる気象予報士試験だが、
年齢制限は無く、誰でも受験することが可能だ。
気象業界を目指す10代や20代から、趣味で
取得を目指す50代、60代など多彩な年齢層の
人が試験に挑戦している。

中には、中学校1年生で試験に合格する事例もあり
受験層の広さを物語っている。

自室には学校の教科書とともに、気象関係の本が並ぶ。将来は「台風や大雨でも慌てずきちんとした予報が出せる人になりたい」と抱負を語る。

◇試験ではどんな問題が出るの?

試験は学科試験と実技試験があります。
具体的な出題項目は、以下の通り。

大気の構造
大気の熱力学
降水過程
大気における放射
大気の力学
気象現象
気候の変動
気象業務法その他の気象業務に関する法規

観測の成果の利用
数値予報
短期予報・中期予報[
長期予報
局地予報
短時間予報
気象災害
予想の精度の評価
気象の予想の応用

たとえ、一度の試験で合格できなくても
合格に達した科目に関しては、以後1年間
試験を免除される。あきらめずに挑戦しよう。

また、気象庁または自衛隊で予報の実務経験がある者などについても、学科試験の免除制度が用意されている。

◇一般企業にも就職できる?

気象予報士がテレビの現場で働くことは稀で
たいていは一般企業に就職しています。

とりわけ天候によって収益が左右される
イベント運営会社や、先物取引を行う会社、
天気により流行が左右されるアパレル業界などで
先の天候の細かい予測を立てられる気象予報士が
活躍しています。

一般の企業においても、社内気象予報士として活躍するチャンスは様々にあるのです。

大豆や小麦などの先物取引を行う商社のシンクタンクなどでも専門知識を活用できるでしょう。

◇どんな仕事をするの?

主に、気象庁から提供された各種のデータを
もとに天候を予測するのが仕事ですが、
勤務先によって業務内容は異なります。

メディア関連に携わる気象予報士は、気象庁から受け取った気象情報を分析して、キャスターのための台本制作などを行います。

気象庁発表の情報をいち早く取得し、ニュースの気象情報の時間までに気象予測を制作する繰り返しとなるため、非常に体力が必要な仕事です。

外注企業の依頼に応じた気象予測を提供するのが
気象予報会社に勤める気象予報士の業務です。

信頼にもかかわるため、気温や降水確率など
出来る限り正確な情報を伝える能力が求められます。

ちなみに、気象の予報業務を行う為には気象予報士の資格が必要ですが、お天気キャスターのように天気の解説だけならば資格は必要ありません。

◇平均年収は?

気象会社に就職した場合だと給料は
月に20万程度です。平均年収にすると
480万円~600万円という数字が平均額です。

難しい資格ではあるものの、収入と
直結することは少ないのが実情です。

放送業界に携わっても、収入面の数値は
そこまで大きく変動することはありません。

高い語学力やITリテラシーなど、プラスアルファとなる能力を身につけていれば、活躍のチャンスは大きく広がるでしょう。

1 2





角刈BOYさん

いろんな資格に挑戦することを生き甲斐とする資格マニアです。
工業系、オフィス系、雑学系など、延べ50以上の資格を取得しました。