「あとで読むつもり」「いつでも読めるように」と近くに置いておいたつもりが、平積みの場合は一番上の本しか見えず、逆に忘れ去られたりするようです。

未読の本は、本棚の手の届きやすいところに積読専用スペースを作り、保管するのが良いそうです。新たに買えるのは、このスペースに入る分だけと決まりをつけると、一定量に抑えることもできます。読みたい本の優先順位をつけて並べるのもいいかもしれませんね。

出典「いつか読む」はNG?積読を解消する4つの対策 - ブックオフオンラインコラム

前へ

この情報が含まれているまとめはこちら

読んでいない本がたまっていく…「積ん読」解消法を徹底解説!

読んでいない本を部屋にどんどんため込んでいませんか?これ以上「積ん読」を増やさないための方法をご紹介します。

このまとめを見る