1. まとめトップ
  2. 雑学

知れば一目置かれるかも⁉『微妙に似てるけど違う』言葉

たまに耳にすることはあるものの、ごっちゃになることがある「よく似た言葉」。うかつに間違って使ったりして恥をかいた、という経験のある人も少なくないのでは。ニュースなどで聞くことも多いそんな言葉たちをきちんと区別して頭にいれておきたいもの。

更新日: 2016年10月29日

futoshi111さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
68 お気に入り 66452 view
お気に入り追加

◆「整形外科」と「形成外科」

整形外科と形成外科、よく似た響きのため混同されている二つの学問ですが、対象となる患者さんは全く異なります

整形外科は、骨、関節、靭帯、腱、神経、筋肉など人が快適な生活を送るのに必要な“運動器“を扱う分野

これに対し形成外科は、生まれながらの異常や、病気や怪我などによってできた身体表面が見目のよくない状態になったのを改善する(治療する)外科で、頭や顔面を含めたからだ全体を治療対象としています

形成外科から発展した美容外科は、フェイスリフトや脂肪吸引、二重まぶたや鼻を高くする手術、最近よく耳にするプチ整形など機能的には何の異常もない健康な部位を治療する分野

へぇ、美容整形って整形外科じゃないんだ、初めて知ったww あれは形成外科でやる美容外科になる…ってなんかこんがらがってきたww

あれ整形外科に行けばいいんだっけ形成外科に行けばいいんだっけ

◆「ハンチング」と「ベレー帽」

「ハンチング(ハンチングキャップ)」はベレー帽子同様に平たい帽子という点では共通。そして、ベレー帽とは違って前ツバのようなものが存在するものの、先端部まで頭部の布が前ツバを覆った形状の帽子の種類

ハンチングとは狩猟用としてイギリスでかぶられるようになった帽子である。もともとが狩猟や乗馬といった動きをともなうシーンでかぶられていたことから、ハットにくらべスポーティーなシルエットになっている。現在ではゴルフシーンなどでもかぶられることがある

ベレー帽は、スペイン・フランス国境に位置するバスク地方の民族衣装が起源と言われている帽子です。(*隣のベアルヌ地方が発祥との説もあります。)

おばあちゃんにまなちゃんハンチング被っておしゃれだなあって言われたけどわたし被ってるのベレー帽だしと思っていってきますしてきた

◆たばこ・シガー・シガレット

タバコとはナス科タバコ属の植物、およびタバコの葉を加工した嗜好品のことをさす。葉巻、パイプタバコ、刻みタバコ、嗅ぎタバコ、噛みタバコ、紙巻きたばこ等の形態で利用される

紙巻たばこ(シガレット) 私たちが普段目にする機会が多い、もっともメジャーなたばこです

葉巻(シガー) 葉巻は読んで字のごとくたばこ葉100%で巻き上げてある商品

シガーは普通100ミリ以上のものをいいます。代表的な型は、ハバナ型とボルナック方ですが、最近はコロナ型やセノリタス型のように円筒形で吸い口に丸みがつけられ、切り口が直線のシンプルな型に主流が移ってきました

◆「サイダー」と「レモネード」

1 2





futoshi111さん

「何度でも見てもらえるようなまとめ」をつくっていきたいと思います!