1. まとめトップ

イモ欽トリオ 1st single
1981年8月5日発売

A:ハイスクールララバイ
作詞:松本隆、作曲・編曲:細野晴臣
B:欽ドン良い子悪い子普通の子のテーマ
作詞:竹島達修、作曲・編曲:あかのたちお

※フジテレビ系「欽ドン!良い子悪い子普通の子」

ヨシオ(山口良一)、ワルオ(西山浩司)、フツオ(長江健次)によるユニット。
1981年度年間4位(オリコン)

イモ欽トリオ 1st album
1981年12月5日発売

ハイスクール・ララバイ/閃光ロック/高校三年生'82/美少女エレジー/ブルースカイラブ/欽ドン良い子悪い子普通の子~エンディング・テーマ/失恋レッスン(A・B・C)/初恋のマドンナ/ハートブレイク・トレイン/雨のライダーブルース/制服のエンジェル/欽ドン良い子悪い子普通の子のテーマ
※先着特典ソノシート「秘密のメッセージ・シート」封入

※フジテレビ系「欽ドン!良い子悪い子普通の子」
1995年11月17日にCD化

イモ欽トリオ 2nd single
1982年3月21日発売

A:ティアドロップ探偵団
作詞:松本隆、作曲・編曲:細野晴臣
B:サーフサイドX
作詞:松本隆、作曲・編曲:井上大輔

※フジテレビ系「欽ドン!良い子悪い子普通の子」

このシングルリリース後の1982年3月、長江が大学受験専念を理由に「欽ドン!」を卒業、同時にユニットを脱退した。

よせなべトリオ 1st single
1982年8月5日発売

A:大きな恋の物語
作詞:島武実、作曲・編曲:佐久間正英
B:よせなべ行進曲(マーチ)

※フジテレビ系「欽ドン!良い子悪い子普通の子」
「欽ドン!良いOL悪いOL普通のOL」

フツ山(松居直美)、ヨシ山(生田悦子)、ワル山(小柳みゆき(現・小柳友貴美))によるユニット。
オリコン最高位8位、売上16.8万枚

ニックじゃがあず 1st single
1982年11月発売

A:ヨロシク原宿
作詞・松本隆、作曲・筒美京平、編曲・後藤次利
B:ヨロシク原宿(カラオケ)

※フジテレビ系「欽ドン!良い子悪い子普通の子」
西山浩司(ワルオ)と小柳みゆき(ワル山)によるユニット。ジャケットには番組名の表記なし。

わらべ 1st single
1982年12月21日発売

A:めだかの兄妹
作詞:荒木とよひさ、作曲:三木たかし、編曲:坂本龍一
B:春風の郵便屋さん

※テレビ朝日系「欽ちゃんのどこまでやるの!」
のぞみ(高部知子)、かなえ(倉沢淳美)、たまえ(高橋真美)によるユニット。

1983年の年間シングルチャート第3位。88万枚以上を売り上げた。

斉藤清六 1st album
1982年発売

ツァラトゥストラはかく語りき/ふられてBANZAI/勝手にシンドバット/完全無欠のロックンローラー/お嫁サンバ/赤とんぼ/七つの子/かもめの水兵さん/ずいずいずっころばし/オーソレミオ/ギンギラギンにさりげなく/悲しみTOOヤング/ブルージーンズメモリー/ス・ト・リ・ッ・パ・ー/ブギ浮ぎI LOVE YOU/君に薔薇薔薇…という感じ/オ、ブレネリ

未CD化。2006年にMOOCSというサイトで音楽配信されたが現在サービス終了。

イモ欽トリオ 3rd single
1983年1月1日発売

A:ティーンエイジ・イーグルス
作詞:松本隆、作曲:細野晴臣、編曲:白井良明
B:エレクトリック・スーパーマン
作詞:松本隆、作曲:細野晴臣、編曲:白井良明

※フジテレビ系「欽ドン!良い子悪い子普通の子」

二代目フツオ(後藤正)加入後初であり事実上ラストシングル。

わらべ 1st album (カセット)
1983年3月5日発売

めだかの兄妹/アニマル・パズル/むく犬ビッキー/雨たちの音楽会(コンサート)/恋のパンプキンパイ/うめぼしの唄/フラフラ学園の一年生/僕/「ダイエットはおはやめに」―“たまえの観察日記”より―/春風の郵便屋さん

※テレビ朝日系「欽ちゃんのどこまでやるの!」

風見慎吾 1st single
1983年5月21日発売

B:僕笑っちゃいます
作詞:欽ちゃんバンド+森雪之丞/作曲:吉田拓郎/編曲:後藤次利
A:OTONA BIRTHDAY
作詞:欽ちゃんバンド/作曲・編曲:土持城夫

※TBS系「欽ちゃんの週刊欽曜日」
風見慎吾のデビューシングルで、ジャケットには"風見慎吾 from KINCHAN BAND"表記されている。
日本レコードセールス大賞・新人賞受賞曲

1983年9月21日発売

A:銀座の雨の物語/小西博之 清水由貴子
作詞:阿久悠、作曲:南こうせつ、編曲:井上鑑
B;佐藤のB面です。銀座の雨の物語/佐藤B作・天園翔子
作詞:阿久悠、作曲:南こうせつ、編曲:井上鑑

※TBS系「欽ちゃんの週刊欽曜日」
小西博之のデビューシングルであり、清水由貴子の通算9枚目のシングルにあたる。
オリコン最高位25位、セールス8.7万枚

風見慎吾 1st album
1983年11月5日発売

FRIDAY TROUBLE/瞬間システリー/やっぱし/ハートもつれます/悲しきStand-in Boy/コンビニエンスボーイ/Nanpa DE Hanpa/ジェニーに首ったけ/薔薇と摩天楼/僕 笑っちゃいます/オータムブルース

出典ckec.jp

風見慎吾 2nd single
1983年11月16日発売

A:泣いちっちマイ・ハート
B:悲しきStand-in Boy

※TBS系「欽ちゃんの週刊欽曜日」
日本有線大賞・最優秀新人賞受賞曲

山口良一 1st album
1983年発売

I Gatta Me/イヤな女/10年目の神田川〜THE KANDARIVER OF NO RETURN/草競馬/I Can Feel You/喝飛会社員/#P・バラッド~四角い戦場にメリ込みます~/地平線から今まさに登らんとする岩山ブス考~BGM・大脱走のマーチ~/太郎に言ったろ! /“唄にもならないCOPYの群を並べ変えただけの実に構想2ヶ月。未完成のまま、ここにミゾミゾ”糸井だったら牛だったのにね


”欽ドン!”ヨシオ役の山口良一によるソロアルバム。
宇崎竜童プロデュース。2013年7月24日に初CD化された。

わらべ 2nd single
1983年12月21日発売

A:もしも明日が…。
作詞:荒木とよひさ、作曲:三木たかし、編曲:佐藤準
B:昔、むかしは…

※テレビ朝日系「欽ちゃんのどこまでやるの!」
のぞみ(高部知子)降板後にリリースされたシングル。
”欽どこファミリー”として藤本正則(現・見栄晴)、真屋順子、小堺一機、関根勤らがコーラスで参加した。

わらべ 2nd album
1984年3月5日発売

もしも明日が…。 /ここへおいでよ /レンゲ畑でいねむりしたら/涙のブランコ/黄色いボタン/めだかの兄妹/野菜の詩(うた)/How to 悲しみクッキング /昔、むかしは…/春風の郵便屋さん

※テレビ朝日系「欽ちゃんのどこまでやるの!」

倉沢淳美 1st single
1984年3月21日発売

A:プロフィール
作詞:売野雅勇、作曲・編曲:井上大輔
B:内気なくらい優しくどうぞ
作詞:売野雅勇、作曲・編曲:井上大輔

"欽どこ"かなえ役の倉沢淳美のソロデビューシングル。
この後、10枚のシングル、4枚のオリジナルアルバム、1枚のベストアルバムをリリース。

倉沢淳美 1st album
1984年5月23日発売

淳美からのメッセージ~初恋最前線/ブルーメモリー/夏めく風/内気なくらい優しくどうぞ/進行形ですエブリデー/プロフィール/微風(ピアニシモ)/スウィートカレンダー/ジャストフレンド/プログラミング・ラブ

出典meg-cd.jp

風見慎吾 3rd single
1984年6月5日発売

A:そこの彼女
B:朝陽のプロローグ

※TBS系「欽ちゃんの週刊欽曜日」

倉沢淳美 2nd single
1984年7月11日発売

A:ある愛の詩
作詞:康珍化、作曲・編曲:馬飼野康二
B:7月11日現在
作詞・作曲:森雪之丞、編曲:大谷和夫

わらべ 3rd single
1984年8月11日発売

A:もしも明日が…。音頭編
作詞:荒木とよひさ、作曲:三木たかし
B:もしも明日が…音頭編(オリジナル・カラオケ)

※テレビ朝日系「欽ちゃんのどこまでやるの!」

高部知子 1st album
1984年9月5日発売

"欽どこ"を降板した高部知子のデビューアルバム。

倉沢淳美 3rd single
1984年10月25日発売

A:危険な夢
作詞:売野雅勇、作曲:和泉常寛、編曲:瀬尾一三
B:ヒ・ン・ト
作詞:神田ヒロミ、作曲:水沢朱里、編曲:入江 純

倉沢淳美 2nd album
1984年10月25日発売

あさって恋して/土曜日はエスケイプ/1 2(=ひとりぼっち+涙)/卒業まで/Good-by 少女/ある愛の詩/マイセルフvsユアセルフ/オータム・セレナーデ/今度の彼はHです/恋にクローズアップ

高部知子 1st single
1984年11月1日発売

A:雨の街
作詞:岡村孝子、作曲:岡村孝子、編曲:萩田光雄
B:ひらがなダンス

"欽どこ"を降板した高部知子のシングル。

わらべ 4th single
1984年12月12日発売

A:時計をとめて
作詞:荒木とよひさ、作曲:三木たかし、編曲:松武秀樹
B:流れ星メルヘン
作詞:荒木とよひさ、作曲:三木たかし、編曲:佐藤準

※テレビ朝日系「欽ちゃんのどこまでやるの!」
わらべのラストシングル

風見慎吾 4th single
1984年12月21日発売

A:涙のtake a chance
B:涙のtake a chance-Instrumental Dance Version-

※TBS系「欽ちゃんの週刊欽曜日」

倉沢淳美 4th single
1985年2月14日発売

A:卒業
作詞:売野雅勇、作曲:林哲司、編曲:萩田光雄
B:4月になれば
作詞:売野雅勇、作曲:林哲司、編曲:萩田光雄

倉沢淳美の4枚目のシングル。このシングルをリリース後の1985年3月、萩本の充電期間のため、欽どこを降板した。

倉沢淳美 3rd album
1985年3月25日発売

春はキ・ラ・イ/青いバスケットシューズ/小春日和(インディアン・サマー)/愛情幾何学(ラブ・ジェオメトリィ)/春風の約束/卒業/ラ・エポック -輝いた季節-/つまり友達/涙のバレンタインデー/恋の時間差攻撃 -秘密のクラスメイト-

1985年3月発売

A:淋しがりやさ心はいつも
B:うちあけて

※TBS系「欽ちゃんの週刊欽曜日」

1 2