1. まとめトップ

AIが映画も作る!?人工知能の映画まとめ

siriの登場で、ますます私たちの身近となった人工知能。このまま人工知能が発達すると、私たちの生活にどのように影響するのでしょうか?人工知能が作った作品や映画をまとめました!

更新日: 2016年10月31日

1 お気に入り 4050 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

eiga_daisukiさん

人工知能が作った音楽

ソニーコンピュータサイエンス研究所(SONY CSL)が、作曲するAIを開発しました。こちら、得意な作曲ジャンルはありません。「〇〇風」といっていただければ何でもできます。というのも、この作曲AI「Flow Machines」は、データベースにある膨大な曲から、音楽のスタイルを学習するから

SonyではこのFlowMachinesプロジェクトで作曲された楽曲を集めたアルバムを2017年中にリリースする予定

人工知能が作った予告

リドリー・スコットが製作した人工知能(AI)をテーマにした新作ホラー映画『Morgan』。そのトレーラーを、IBMの「Watson」が作成した。AIがつくる初のトレーラーの出来栄えは?

人工知能がテーマの映画まとめ

世界最大手の検索エンジンで知られるブルーブック社でプログラマーとして働くケイレブは、滅多に人前に姿を現さない社長のネイサンが所有する山間の別荘に滞在するチャンスを得る。しかし、人里離れた別荘を訪ねてみると、そこで待っていたのは女性型ロボットのエヴァだった。ケイレブはそこで、エヴァに搭載されるという人工知能の不可思議な実験に協力することになるが……。

Her/世界でひとつの彼女

思いを伝える手紙を書く代筆ライターのセオドアは、長年連れ添った妻と別れ、傷心の日々を送っていた。そんな時、コンピューターや携帯電話から発せられる人工知能OS「サマンサ」の個性的で魅力的な声にひかれ、次第に“彼女”と過ごす時間に幸せを感じるようになる。

さようなら

劇作家・平田オリザとロボット研究者の石黒浩(大阪大学教授・ATR石黒浩特別研究所客員所長)とのコラボレーションで2010年に発表され、生身の俳優とロボットが共演する異色の世界観が国内外で注目された

EVA エヴァ

ロボット科学者のアレックスは少年型アンドロイドの開発に着手する。かつての恋人で、いまは兄の妻となったラナの一人娘、エヴァをモデルにアンドロイド作りを進めるアレックスだったが、アレックスとエヴァの間には、ある共通の秘密があった……。

チャッピー

ロボットの開発者ディオン(デブ・パテル)は、自ら思考し、成長する人工知能をスクラップ寸前の1台のロボットに密かに埋め込もうとします。ところが、ロボットを社外へ持ち出そうとしたところ、ストリートギャングたちに誘拐されてしまいます。そして、人工知能を持ったロボットはギャングに<チャッピー>と名付けられ、彼らの教えを学び、急速に成長していきます。

A.I.

外見は人間と変わらないロボットたちだが、唯一、感情だけが欠けていた。しかしある時、不治の病にかかった少年の代わりに夫婦に与えられた子供のロボットに、実験的に愛をプログラムする試みが初めて行われた。少年は夫婦の愛情に包まれ生活を送るのだが、次第に自らのアイデンティティに疑問や不安を抱き始める……。

アイロボット

ロボット工学の第一人者であるラニング博士がオフィス内で死亡しているのが発見された。刑事スプーナーは人間に近い感情を持ったロボット“サニー”を容疑者として拘束するが、他の者はロボットが人間に危害を加えるはずないとして誰も取り合わない。しかし実際はロボットを制御している中枢コンピューター“ヴィキ”が自我に目覚め、ロボットたちを暴走へと導いていた

トランセンデンス

1 2