益子焼は江戸時代末期、笠間で修行した大塚啓三郎が窯を築いたことに始まると言われます。以来、優れた陶土を産出すること、大市場東京に近いことから、鉢、水がめ、土瓶など日用の道具の産地として発展をとげます。

出典益子町観光協会のホームページです

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【行く前に読む!】有名な秋の陶器市、自分にあった器がきっとどこかにある!

各地の焼き物の特徴を知り自分にあった陶器市に足を運んでください。陶器市ではそれぞれの作家さんと話せる機会が多いので是非いろいろ質問してくださいね!人気の陶器市はしっかり予定を組んで早い時間から行ってゆっくりと楽しんでください。

このまとめを見る