1. まとめトップ

誰でも簡単♪「腰割り」の効果がすごい!

健康にもダイエットにも!

更新日: 2017年01月28日

86 お気に入り 80761 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kii86さん

腰割りってどんなポーズ?

バッターボックスに入る前や、外野の準備中に良く見るイチロー選手のこの動き。
さりげなくこのポーズをとっているように見えて、実は奥が深いです。

最近では、この「腰割り」が身体の芯の筋肉を鍛えてくれるということで、注目されて本や記事の特集でも取り上げられるようになってきました。

腰割りの効果

■ 姿勢が良くなる

■ 代謝が上がる

股関節周りの筋肉を使うので、身体の芯の血液量が増えて代謝も上がりやすくなります。

■ 股関節がやわらかくなる

腰割りをすることで、股関節が柔らかくなるのでリンパや血液、ホルモンの流れを良くしてくれます。

股関節が柔らかくなり、関節内の潤滑油の流れが良くなって関節が動きやすくなります。体幹や下半身に筋肉がつくと姿勢が良くなりますし、ひざ痛や腰痛、股関節痛を予防して痛みを軽減させます。

骨盤の歪みが感じなくなった。
冷え性、生理痛が解消された。
肩こり、腰痛、膝痛が楽になった。
階段の上り下りが楽になった。
スポーツ時のバランスが良くなった。
など、身体の不調の解消に大きな影響を与えると考えています。

腰割りの方法

1.足を肩幅より広めに開き、つま先を外へ向ける
2.背筋を伸ばす。
3.そのままお尻を垂直に下ろす
4.足首、膝、股関節の角度が90度になるようにする

腰を落とした状態で5秒から10秒ほどをキープ。
この動きを1日10回を目安に実施します。

腰割りをするときのポイントは?

・スネは傾かずに真っ直ぐ立てる
・膝を曲げる深さは、無理せず楽に曲げられる深さ
・手は好きな所に(腕組み or 腰 or 鼠径部 or 腿)

・お尻が突き出ないよう、上体は前傾させずに真っ直ぐ
・重心はカカトにドッシリと落とす
・つま先の向きは膝と同じ方向を向き(腿~膝のラインとつま先の向きが同じ)、膝はつま先より前に出ない

注意点

・足が耐えられる範囲内で無理せずに行いましょう。
・強烈な痛みを感じるようでしたら即中止
→股関節に異常がないか医師・トレナーの方に相談しましょう。

腰割りが難しいときは…

日々の習慣にして健康的に

毎日続けることで徐々に股関節周りも柔らかくなり、無理をしなくてもきれいな腰割りができるようになります。その頃には体重や体形に効果も出るはず。ぜひ今日から試してみてはいかがでしょうか。

1 2