保険商品は『生命・健康・家族・財産』といった人間が最も大切にしているものを補償しようとする性格を持っていて、人はもしもの時に生じるであろう損失・被害を耐え難いもの(もしもの時になってお金がなくて後悔するような事態だけは絶対に避けたい)として見積もっているので、保険商品を購入する時には『冷静で合理的・現実的な判断力』が機能しにくくなるとも言われている。

出典保険に加入し過ぎてしまう心理とゼロリスクの欲求

前へ 次へ