1. まとめトップ

遠藤憲一 実写版「妖怪ウォッチ」で“じんめん犬”に 衝撃のビジュアル公開!

ゲームやアニメが人気の「妖怪ウォッチ」の劇場版最新作「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」で、俳優の遠藤憲一さんが“じんめん犬”を演じることが10月27日、明らかになった。

更新日: 2016年10月27日

1 お気に入り 6793 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kageyasuさん

●アニメと実写の“ダブル世界”を行き来するハイブリッド作品。

「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」の最新予告編がYouTubeにて公開だニャン!

シリーズの劇場版第3弾の本作は、「妖怪ウォッチ」のキャラクターたちがアニメと実写の“ダブル世界”を行き来するハイブリッド作品。

実写パートには3DCGで描かれたジバニャンが登場し、主人公・天野ケータを演じる南出凌嘉のほか、山崎賢人、斎藤工、浜辺美波、黒島結菜、澤部佑(ハライチ)、遠藤憲一、武井咲が出演する。

実写パートに登場する3DCGのジバニャン。

南出凌嘉が演じる実写版ケータ。

左上から時計回りに山崎賢人、武井咲、斎藤工、遠藤憲一、澤部佑、黒島結菜、浜辺美波

●公開された衝撃ビジュアルの最新予告編映像約1分37秒。

公開された予告編は、空飛ぶ謎のクジラの鳴き声を聞いたケータらが実写世界へと移動するシーンから始まる。その後、実写とアニメの世界を舞台に、エンマ大王やぬらりひょん、生前のジバニャンの飼い主エミちゃんらが登場。終盤には、女性にモテたい一心からあらゆることに挑戦しては問題を引き起こす、遠藤扮する妖怪・じんめん犬がケータに吠えかかる姿も。

山崎賢人が演じる実写版エンマ大王(左)と、斎藤工扮する実写版ぬらりひょん(右)。

●遠藤憲一さんが“じんめん犬”に!

遠藤さんが演じる“じんめん犬”は、顔は人間(おっさん)、体は犬(トイプードル)の姿をした妖怪で、「女性にモテたい」という一心で、あらゆることに挑戦しそのたびに問題を起こすキャラクターで、そのシュールさが「妖怪ウォッチ」ファンに受け、これまでに何度もアニメに登場している。

じんめん犬が登場するシーンの撮影では、約1時間半にわたる特殊メイクを顔に施されたという遠藤。役作りについて「CGが施されることもあり、あえて真っ白な状態で来て、CGのプロに聞きながら、現場でできる範囲のことをしていきました」とコメントを寄せた。

「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」は12月17日より全国ロードショー。

1