CEO(Chief Executive Officer)=最高経営責任者、COO(Chief Operating Officer)=最高執行責任者、CFO(Chief Financial Officer)=最高財務責任者など、 “Chief ~ Officer”と表記される執行責任役職の総称です。
CTO(Chief technology officer)=最高技術責任者、CSO(Chief strategic officer)=最高経営戦略責任者、CIO(Chief information officer)=最高情報責任者といったように多くの役職がCxOに含まれるが、企業によって役職の種類や名称は異なります。例えばCIOは、企業によっては最高投資責任者(Chief Investment Officer)ということも。
本来、CxOの存在理由は経営責任と業務の執行責任を分化してきた欧米型企業において当該業務の執行責任者が誰なのかを明確にするためでしたが、日本企業の組織のあり方が欧米型に近づいてきたこともあり、役職名にCxOを採用する企業が増加してきました。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

『CEO、COOって何?』CxOについて解説します。

エクゼクティブなイメージのある「CxO」実際に深く理解している人も少ないのではないでしょうか。CxOとはいったい何なの?経営層の役割分担について解説します。

このまとめを見る