そもそも「社長」「CEO」「代表取締役」といった肩書きの中で、「代表取締役」のみが、法律(会社法)で定められている肩書き。

それ以外は各会社によって決められているもので、あくまで職責上の呼称です。副社長や専務、常務、部長や課長なども同じ! しかも日本のそのような呼称は、会社によってその職責や役割はさまざまなのです。

「CEO」は、職責上の呼称。これは特にアメリカの会社において使われているのですが、“chief executive officer” の略で、日本語に訳すと「最高経営責任者」となります。

先ほどの日本における「社長」などの呼称は、会社によってその職責、役割は異なります。それに対し「CEO」は「最高経営責任者」ということで、はっきりと役割が決まっています。

ですので、(日本では特に)どちらが偉いということはなく、会社によってその扱いは異なるというわけ。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

『CEO、COOって何?』CxOについて解説します。

エクゼクティブなイメージのある「CxO」実際に深く理解している人も少ないのではないでしょうか。CxOとはいったい何なの?経営層の役割分担について解説します。

このまとめを見る