1. まとめトップ

【2017冬トレンド男前アウター 】知的な大人着こなしに仕上げる。メンズファッション。

今年も本格的に寒くなり始めました。店先のアウターが気になりますが・・・男前な一品を選びたい。

更新日: 2017年01月03日

35 お気に入り 43891 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

vanilla20さん

秋冬トレンド アウターを見ていきましょう

〖ミリタリー系〗の流行は続いている

今年はミリタリー系やキレイめ系なファッションが徐々に人気になってきています

【MA-1】

ミリタリー系、特にMA-1は流行しているが・・・みんなとかぶることも多くなってきた。

【MA-1】今冬はレザーをチョイスで差をつける

今冬はMA-1の素材にレザーをチョイス。
今までのシャカシャカした軽い印象とは異なり、細身のパンツを合わせるとシャープなシルエットに色気あり。

レザー素材のMA-1。全身を黒で統一。

【M-65】ミリタリー別格男前

1960年代中頃に1965年型モデルとして制式呼称されたことから、一般的にM-65「フィールドジャケット」と呼ばれている(米軍MIL規格上は、「フィールドコート」と表記される)。当初はラベルに「COAT, MAN'S, FIELD, M-65」の表記があったが、1970年代初頭以降「M-65」の表記が無くなり、代わりに「COLD WEATHER」の文字が追加された。「COLD WEATHER」という表記からアメリカ軍の装備品では防寒用衣料という位置づけとされる。

色のチョイスで雰囲気も各段に変わる。カーキはミリタリー感が強いが、ダークなものだと大人の落ち着きを醸し出す。

【M-65】はスーツとの相性がいい。

スーツパンツに【M-65】。さっと羽織るだけできちんと感が出るの。がさっと置いてシワが付いても気になるほど目立たず。一着あれば便利なアイテム。

色、素材の選び方でビジネスシーンでも活躍。

ミリタリーに、トラディショナルなレザーの鞄は都会的。ミリタリーにミリタリー柄の鞄やアイテムを重ねてつけてしまうと、アウトドア?仮装?の領域になってしまうので、アウターだけでとどめておくことをお勧めする。

襟元に変化を持たせたタイプ。

〖コート〗

【ダッフルコート 】

従来のダッフルコートというと、こんな感じのイメージ。
学生や、真面目な印象がありますが・・・。

【ダッフルコート】誠実な男完成。真面目顏に見せる。

ビジネスにもその真面目さはデキる印象を与える。
コートそのものはトラディショナルで、派手さは有りませんが差し色にマフラー、皮の手袋でアクセントをつけることで一段と格が上がる。
女性の安心度が増しそう。

爽やか、優しそう、そしてシャイなのかな・・・と女の子の興味を引く。

今年はキャメル色がトレンド。重い色にならずぬけ感が適度に出る。

前を開けてロゴ入りトレーナーなどが見えてしまうと学生全開。
一気に野暮ったくなってしまうので注意。

ダッフルコート上級者。
いかついのにダッフルコートを着ると優しさがこんなにあふれてきてしまうのもダッフルマジック。

【Pコート】

1 2