1. まとめトップ

さいたまクリテリウムとは

・ツールドフランスは毎年7月フランス国内を中心に20日以上かけて走破する世界的にも有名な自転車レース。
・ツールドフランスは100回以上続く歴史あるレースで、期間中に走る距離は3000キロ以上、標高差も2000mを越える過酷さでも有名。
・5月開催の「ジロデイタリア」、9月にスペインで行われる「ブエルタアエスパーニャ」と合わせて3大ツールと呼ばれている。
・さいたまクリテリウムは、JRさいたま新都心駅周辺で開催されるから、関東にお住まいなら日帰りでの観戦が可能な親しみやすいレース。
・その夏のツールドフランス出場チームや個人総合優勝選手などのスピードとレース運びを観戦できる素晴らしい機会。

マイヨジョーヌとは

・ツールドフランスは一カ月にも及ぶ日程やハードなコース内容ゆえ、一勝すればワンデーレースで優勝するのと同じくらい価値があり、プロロード選手なら誰しも憧れるもの。
・レースでは新人賞(白のジャージ)、山岳賞(白地に赤の水玉ジャージ)、ポイント賞(緑のジャージ)などが設けられていて、それに合わせたカラージャージが用意されているが、中でも個人総合成績1位の選手が着用する黄色いジャージが「マイヨジョーヌ」。

クリテリウムとは

・クリテリウムは市街地や公園など1km~5km程の周回コースとなっているのがポイント。選手が同じ場所を周回するので猛スピードで駆け抜ける臨場感や興奮が何度も何度も味わえるのがクリテリウムレースの醍醐味と言える。
・市街地レースならではの選手と観客との距離の近さが魅力でスリリングな展開が楽しめる。また、コーナーが数多く設定されており、通り抜ける選手のスピード感やテクニックなども見逃せない。

当日レース内容

・13:10~13:45 個人タイムトライアルレース
コース1周のタイムで競われるレース。
・14:00~14:30 ポイントレース
コースに設定されたポイントラインを通過した際の順位に従って得点が与えられ、完走後の総得点で順位を決める。
・15:00~16:15 クリテリウムメインレース
全選手出場のエキサイティングなレース。
・スタートリストは公式HPがpdfにて公開中。

テレビ東京が地上波独占中継!

注目選手 ()内はチーム名、成績はツール・ド・フランスのもの

・Christopher FROOME(TEAM SKY)
総合優勝 (2013,2015,2016)、山岳賞(2015)、区間7勝(2012,2013,2015,2016)、出場6回

・Peter SAGAN(TINKOFF)
ポイント賞(2012-2016)、区間7勝(2012,2013,2016)、出場5回 (2012-2016)

・Rafal MAJKA(TINKOFF)
山岳賞 (2014,2016)、区間3勝 (2014,2015)、出場3回 (2014-2016)

・Adam YATES(ORICA BikeExchange)
新人賞(2016)、総合4位(2016)、出場2回 (2015,2016)

・Romain BARDET(AG2R LA MONDIALE)
総合2位(2016)、区間2勝 (2015,2016)、出場4回 (2013-2016)

・Marcel KITTEL(ETIXX-QUICK STEP)
区間9勝(2013,2014,2016)、出場4回 (2012-2014,2016)

1 2





千葉県北西部在住の学生サイクリストです。ブログや動画などを通して、多くの方に自転車の魅力を伝えていきたいです。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう