1. まとめトップ

謎のミニマル・ファンク・バンド、Vulfpeckの魅力に迫る!

2011年から活動しているアメリカのファンク・バンド、Vulfpeck(ヴァルフペック)について、あまりにも日本語の情報がないため自分でまとめました。最高にクレイジーで、シュール、いま一番聞いてほしいインディーズバンドです。

更新日: 2016年10月29日

5 お気に入り 43053 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

q_mookさん

Vulfpeckってどんなバンド?

2011年に結成されたアメリカのファンク・バンド。ミニマルかつファンキーな作品を中心に、2016年10月現在までに4枚のEPと2枚のLPを自主レーベルにてリリースしている。

ユニークなんだけど、超音楽的。絶対生で観たいな〜 VULFPECK /// The Beautiful Game (Official Alone Dance) youtube.com/watch?v=1so7W5…

Suchmosのヨンスも注目しています!
ブラック・ミュージック・リバイバルの進む今だからこそ、要チェックのバンドです。

とりあえず聞いてみよう!

無駄のない編成で紡ぎ出す良質なファンキーミュージック

Spotifyにケンカを売って2万ドルを稼ぐ!?

ジャック「ストリーミングで稼いで無料のライブツアーやるぜ」

米国のインディーバンド VULFPECK のメンバー Jack Stratton は、バンドを率いてツアーをやりたいと考えていますが、収入源のひとつ Spotify では、1曲再生ごとにアーティストに入る印税がわずか0.6~0.84セント。これはファンがひとり徹夜で自分たちの音楽を聴き続けても5ドルほどにしかならない金額です。

そこで彼らはこう考えました。「1曲の長さが短くてほとんど音が聴こえないアルバムを、それを沢山の人が寝てる時間に再生してくれれば、ツアー資金を捻出できる」...いわばチリツモ作戦です。

1."Z"
2."Zz"
3."Zzz"
4."Zzzz"
5."Zzzzz"
6."Zzzzzz"
7."Zzzzzzz"
8."Zzzzzzzz"
9."Zzzzzzzzz"
10."Zzzzzzzzzz"

このSleepifyというアルバムはソーシャルサイト上で口コミによる人気を集めたことから再生回数が拡大し、なんと再生回数は540万回にも及び、Vulfpeckはまんまと2万ドルもの費用を稼ぐことができた。

2014年9月15日から26日まで、”Sleepify Tour”と称し実際にツアーを行う。

こいつがバンマスだ!Jack Stratton

楽器の演奏よりも踊り(?)のほうが目立つバンマス・ジャック
なぜか短パン+ハイソックス+タオルという格好をしがちな丸眼鏡

オハイオ州出身。小学3年生からドラムを始める。The Metersが好き。バーナード・パーディ(アレサ・フランクリンやジェームス・ブラウンと共演したR&B界のレジェンド)から影響を受けている。

鍵盤、ドラム、ギターのほか、作曲と映像制作を担当しています。
ジョーのソロ中にしばしば立ち上がって歩き回る。

Vulfの特攻隊長!Joe Dart

フェンダー・ジャズベースを愛用するイケメン・ジョー
彼抜きにVulfpeckのファンクは語れない

ミシガン州出身。10歳からベースを始める。 初期はフリー(Red Hot Chili Peppers)に影響を受けていた。高校時代はPhishに影響されたジャム・バンドを組む。ベーシストでは、Pino Palladino、Rocco Prestia(Tower of Power)、Verdine White(Earth Wind & Fire)をフェイバリットに挙げている。

マルチプレイヤーの多いVulfでは珍しくベースギター専門。

見た目に似つかわしくない美声!?Theo Katzman

ドラム、ギター、ボーカルのほか、作曲も担当するテオ
生え際がちょっとキテる眼鏡

ニューヨーク州出身。10代からピアノ、ドラム、ギターを演奏し、作曲を始める。大学時代はElla Riotのギターとして活動。

マルチプレイヤーですね〜!
ライブではよく赤いタンクトップを着ています。

陰の立役者!?Woody Goss

向かって右がウッディ。この曲も彼が作っています
Wurlitzerのエレピを愛用する髭もじゃ丸眼鏡

イリノイ州出身。7歳からピアノを始める。セロニアス・モンクに影響され、ジャズにのめり込む。高校時代にファンクと出会う。

彼のエレピがVulfサウンドの中核といっても過言ではない。

なにがすごいの??

1.とにかく曲がいい!!

70s風のインストファンクから、こういうPrince直系のポップソングまで、非常に幅広い音楽性を持つ

2.ベースのカッコよさが常軌を逸してる

Vulfpeckの曲にはベースソロが非常に多い!

3.バンマスがいろいろヤバい

新譜に合わせて踊りまくる動画をドローンで撮影

1 2