1. まとめトップ

意外すぎる・・・アラサー女子に多い「脱毛サロン通い」が続かない理由は?

つるつるの肌を手に入れたくて、通い始めた脱毛サロン。高額を払っているのにも関わらず、意外にも途中で通うことを断念してしまう方が多いようです。その理由を6つにまとめてました。

更新日: 2016年10月29日

1 お気に入り 16810 view
お気に入り追加

◆予約が取りにくい

無料のカウンセリングや初回の予約は、簡単に取れたのに、3回目辺りから急に予約が取りづらくなり、次回予約が3ヶ月先なんてこともあるようです。

脱毛は、一度通い始めると1回で終わりではありません。何回か通ってツルツルのお肌を手に入れることができるのです。何度も通うことは、いざ始めると正直めんどくさいなと思う人も少なくありません。そして、出てくるのが、いざ予約しようと思ったらぜんぜん予約が取れない!ということです。

ひどいところは経費を抑えてギリギリの人手で運営して、ほとんど予約が取れない状態にしているんで、3カ月後にやっと予約が取れるなんて状態になります。

◆予約していたのを忘れてしまう

予約をしていたのに、先すぎて忘れてしまい、キャンセルをしてしまうケースも多い

2か月先ですから、カレンダーや手帳、スマートフォンなどに施術日の予定を入れなかったりすると、1ヶ月も経ってしまえば脱毛施術日のことなんで忘れてしまう人も多いかと思われます。

当日に連絡の場合は1000円、ドタキャンは2000円のキャンセル料。

脱毛サロンによってペナルティが異なるよう。

◆冷たいジェルが苦手

通常の脱毛エステサロンで行われている光脱毛。光脱毛を行う前に、ほとんどの脱毛サロンでは冷たいジェルを塗っています。 脱毛経験者でも、ひやっとベタベタするジェルの不快感が苦手という方も多いようです。

正直、ジェルって冷たくって寒くなる・・・さらに塗る時間と拭き取る時間が必要だから時間がかかるんですよね。ちゃんと拭き取れてなかったりすると気持ち悪いし・・・全身脱毛だと、なかなか大変っ(>_<)

ジェルをヘラで腕に塗りつけていくんだけど、ジェルが冷たくてね、少し温めたのを使ってほしくなるけど、光照射で火照ったお肌をクールダウンさせる意味があるから仕方ないんだよね

◆妊娠する予定があるため

「妊娠に気付かず光脱毛施術を何回か受けていた…」なんて後から妊娠が発覚するケースもありますが、基本的に妊娠中は脱毛エステで施術を受けることができません。

脱毛することによって母体や胎児に影響を及ぼすという理由からではなく、ホルモンバランスが変化することで肌が敏感になり、妊娠前よりも肌トラブルを起こしやすかったり、痛みを感じやすくなったりすることが要因です。施術方法によっては、効果が期待できないこともありますよ。

◆遠方に引っ越すことになった

サロンで初めて脱毛を受ける場合、個方差はありますが脱毛が完了するまでには早くて1年弱、長くて2~3年は掛かり通い方によってはそれ以上掛かってしまう事もあります。
これだけ長く掛かるとなると状況も変わり、引越しなどといった環境の変化で脱毛を受け続けるかどうか考えなくてはならなくなってしまう状況に立つ事もあります。

現在引っ越す予定がなかったとしても、サロンの施術は長期的に行うもの(2~3年)なので
その期間の間になにが起こるかわかりません。
途中で結婚して住所が変わることもあるでしょうし、自らが転勤になる可能性も大いにあります。

全国にチェーン展開している脱毛サロンの場合、引越し先にも利用できる店舗が用意されていることがあるので、店舗の移動を選択肢に入れることができます。

基本的には残りの回数分に相当する金額が返金されますが、その際にも手数料がかかったり、また「どのような理由でも一切返金しない」というサロンもありますので、これも必ず契約前に確認しておきましょう。

◆接客がよくない

カウンセリング時の勧誘がちょっときつくて、回数が多いコースをすすめられたりしたので、ちょっとマイナス評価です。

雑に施術されると照射漏れが起きて、きちんと脱毛できなくなりますので、不満に感じたらその場で言って照射しなおしてもらった方が良いでしょう。

1 2





美容、スキンケア、健康など。まとめたいと思います。

このまとめに参加する