1. まとめトップ
  2. 雑学

突然のケガに体調の変化…自分が倒れる前に連絡方法を知っておこう

ニュースでも若い女性のガンが報道されるなど、他人事とは思えなくなった若年性の病気。「自分は健康だから」と過信していませんか?ケガや体調の変化は予期しない時にやって来るものです。万が一、自分が倒れた時の連絡方法を覚えておきましょう。ひとり暮らしの人は特に必見です。

更新日: 2016年10月30日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
110 お気に入り 56009 view
お気に入り追加

▼もはや他人事ではない若年性の病気。

ニュースでも若い女性のガンが報道されるなど、
他人事とは思えなくなった若年性の病気。

若い人10代から40代の若者や子供のがん患者が増加傾向に

日本人の死因トップ3をご存知ですか?1位は悪性新生物、2位は心疾患、3位は脳血管疾患です。これらは高齢者に多い病気なのですが、近年は若者に脳血管疾患のひとつ「脳梗塞」が増えてきています。

▼「自分は健康だし!」「若いから大丈夫!」なんて保証はない。

「健康だけが取り柄だから~」なんて言う人もいますが、大丈夫という保証はありません。

「私は健康だから、ちょっとぐらい無理しても大丈夫」なんて言っていると、突然疲労でバタっと倒れてしまうかもしれません

進行性の病気だけではなく、
怪我や体調の変化は突然、予期せず訪れます。

▼もしも自分が倒れたら…考えると怖くなるよね。

ちょっとでも体調悪くなると、 もし今倒れたら自分で救急車呼べる時間ってあるのかな…あれっ救急って110だっけ119だっけ…死ぬのかな…とかずっと考え出すから駄目ですね

申し訳ないけど、シフトは増やせない(^_^;)自分が倒れたら面倒看る人いない。無理はしたくないー。

もし自分が病気に倒れたら 延命治療はしたくないなぁ… 迷惑かけるだけだしね

□いざという時のために…知識とプロセスを知っておいて損はない!

▼具合が悪くなった…どうしようもない…そんな時は「119番」。

焦ってしまうと、意外と掛けられない人が多いそうです。救急車を呼びたい時は「119番」です。

携帯電話からの119番通報は、管轄する消防本部で直接受信できますが、消防本部の境界付近での119番通報は、管轄以外の消防本部へつながることがあります。その際は消防本部間で転送してくれるので電話を切らずにつながるのを待ちましょう。

救急ということを伝えましょう。その後は住所、具合の悪い人の情報や状況、通報した人の連絡先などをオペレーターが順を追って聞いてくれるので落ち着いて答えるようにしましょう。

自分が居るところの住所などをしっかり把握して通報しましょう。

▼通報から到着までどのくらいかかるの?

救急車の出動件数・搬送人数はともに増えており、
救急隊の現場到着までの時間も平均8.3分と遅くなっています。

119番通報から救急車が病院に到着するまでの時間も約40分

「現場到着時間」とは通報を受けてから現場に着くまで、「病院収容時間」とは通報を受けてから現場に到着し、対象患者を収容して病院に収容するまでの時間。いずれの時間も年々増加の傾向にある。

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう