1. まとめトップ

【MHXX】前作に引き続き登場する大型モンスターたち【攻略法も掲載!】

人気のモンスターたちが勢揃い!

更新日: 2016年10月31日

baseraさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 5332 view
お気に入り追加

MHXXに登場するモンスターたち

前作に引き続き登場する

新モンスターの登場も期待している

甲虫種

元は昆虫だったものが堅い甲殻を持ったり、巨大化したりしてモンスターとなったもの。
数はそれなりに多いが、割合としては小型モンスターが圧倒的である。

出典モンスターハンター大辞典 Wiki*

アルセルタス

カブトムシとカマキリをミックスさせたモンスター

閃光玉を投げれば撃ち落とせる
その後、しばらく動かなくなるので一気に攻めよう

アルセルタスの素材があれば、水属性の武器が作れる

爆破属性が有効

爆破属性の武器は、蓄積値が溜まった時に、攻撃した部位が爆発するので部位破壊にも有効です。堅いモンスターは爆破は結構有効ですが、モンスター毎に爆破の蓄積がしやすいモンスターとしにくいモンスターがいます。

アルセルタス・ゲネルセルタス、クシャルダオラ、金レイア銀レウス、ジンオウガあたりは爆破武器が有効です。敵の怯みもおこせる爆破武器は使っていても楽しいですね。

ゲネルセルタス

アルセルタスと合体することで、本領を発揮する
合体後は技が多彩で、動きも速くなる

鳥竜種

全体的に細身の体を持つ中型の肉食種から小型の飛竜をも含む種族。
『モンスターハンター』の世界では生態系の中層を占めている。
「イグルエイビス」という鳥脚亜目を祖先とし、ランポスを代表とする小型の鳥竜は「ケプトス」、
イャンクックを代表とする大型の鳥竜は「ボルドル」がそれぞれの共通した祖先である。

出典ピクシブ百科辞典

ドスマッカォ

パンチやキックを使う格闘家っぽいモンスター

どこかに隙があるので、隙を見つけて攻撃しよう

ドスランポス・ドスゲネポス・ドスイーオス

機敏な動きに翻弄されやすいが、閃光玉があれば動きを止めることができる

また武器の練習相手になってくれる

ホロロホルル

動きは意外と早く、隙があまり無い
剣士だと状態異常攻撃も喰らいやすい

ガンナーの方が安全に戦える

鱗粉が1番厄介!

戦闘の際には発達した翼で飛び回り、脚の鋭い爪で攻撃を仕掛けてくる。
また、興奮すると翼爪を広げて凶暴性が増すという。

しかし、それ以上に厄介なのは多彩な状態異常攻撃である。

ホロロホルルの羽には多数の鱗粉が蓄えられており、戦闘時に羽毛を逆立てることで周囲に鱗粉ばらまく。これを吸い込んでしまうと前後不覚状態(混乱状態)に陥ってしまい、戦闘を行うのが困難となる(鱗粉を攻撃に転用するとう点ではゴア・マガラに近いと言える)。

ちなみに、前後不覚状態は上下左右の操作が逆になるという厄介なもの。にが虫を摂取することで解除可能のようだ。

出典ピクシブ百科辞典

イャンクック 初心者向けの相手

それほど強くはないが、尻尾回転は避けにくい

戦闘方法は極めてスタンダードで、ほとんどの大型モンスターが持つであろう基本的なアクションを備えている。対飛竜戦の基礎を学ぶにはうってつけのモンスターであり、これをソロで倒すことが出来てこそ新米ハンターから1ランクアップしたと言えるだろう。

出典ニコニコ大百科

イャンガルルガ

イャンクックの強化版

尻尾には毒があり、攻撃も激しくなっている

エリアルスタイルで戦ってみたが、意外と戦いやすかった

ゲリョス

毒液を吐いたり、ゴムのような尻尾を振り回す

雷属性は全く効かない

狂走エキスは、剥ぎ取りとクエスト報酬で手に入る

飛竜種 人気のモンスターたち

『モンスターハンター』の世界では生態系の上位に存在する種族。その名の通り、多くが前肢が翼と化した竜の姿をしている。
全ての種が脚亜目のワイバーンレックスを祖先とするが、それぞれの生活域に適した独自の進化を遂げており、
翼を使わずに(もしくは持たずに)生活する種もいれば、翼を別の用途で使っている種もいる。

出典ピクシブ百科辞典

リオレウス 空の王と呼ばれる真紅の飛竜

1 2 3 4 5





baseraさん

こんにちわバセラです
去年からNAVERまとめを再開しました。
今年はゲーム系のまとめ、その他のまとめを投稿していきます(^^)

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう