1. まとめトップ

来年のトレンドはこれ「パラブーツ」 シャンボード メンズファッション 着こなし

2017年秋冬メンズファッショントレンドのパラブーツ「シャンボート」の歴史や特徴、サイズ感からコーディネートまでをまとめました。

更新日: 2016年11月06日

27 お気に入り 66978 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

パラブーツとは?

「全ての製品に本物の信頼性と高い品質、そして魅力を」Parabootの創始者レミー・リシャールポンヴェールは1919年アメリカ滞在から1足のラバーで覆われたブーツと共に帰国しました。この"ブーツ"は彼に、ブラジルPARA港から直輸入された天然ラテックスを使用しラバーソールの靴を生産するというアイデアを与えました。よって「Paraboot」は自社の靴に用いるソールをも自ら製造する世界で唯一のシューズメーカーとなりました。

パラブーツ シャンボードとは?

パラブーツの中で何を一番に持ってくるべきか、この靴を置いて他にはないでしょう、シャンボード。この名前の由来はフランスにあるロワール渓谷にあるシャンボール城にあり、もともとこの靴は狩猟を目的とされたようです。ですので歩行性、走破性などは抜群です。

雨の日の強い味方-良質な靴ほど雨に強い

雨にはめっぽう強く、足下も滑りにくく安定しています。アッパーには油分が多く含まれたリスレザーが使われているので、旅行や出張など、天候の読めない状況でも安心して履くことができるというわけです。

ポスターからもソールの丈夫さがわかる

1950年代のパラブーツの宣伝です。ここでもソールの宣伝を表に持って来ているのがパラブーツらしいですね。左のパターンは今のモデルでも引き継がれているソールです。古きを大事にする、そんなパラブーツの不変の真髄を垣間見ることのできる宣伝です。

パラブーツシャンボードの特徴

パラブーツの作りは全体的に大き目ですので、始めは若干きつめに選んでおくことを お勧めします。履き込んでいくと、革が伸び、底が沈んでサイズ感が少し変わってきます。中が広いという特徴がありますので、(そこが快適さの秘密でもあります)足幅が細く、甲が低めの方は、普段よりも小さ目サイズで大丈夫です。

パラブーツの2016年コーディネート

コートとホワイトデニムのコーディネート

スーツスタイルのパラブーツの着こなし

バブアーとパラブーツ

ホワイトソックスとパラブーツ

1 2