1. まとめトップ

アッ~と気付いたら遅いハゲ! 今日からコッソリ始める薄毛対策8

薄毛は老化に起因するものと思っていませんか? 20、30歳代から薄毛は進行しているので対策が必要なんです。また、食生活や生活習慣なども薄毛の原因になりうるのです。

更新日: 2016年11月01日

0 お気に入り 222 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hirasuiさん

1.まずは行きつけの美容院や家族に聞いてみましょう

薄くなっているのを、本当のことを言わない美容師さんもいるので注意も必要ですが

普段からの親密度も大切かな

行きつけの美容院の担当美容師さんは、本人よりも髪質を知っているかもしれません。そうでなくても、美容師さんは髪の専門家です。薄毛を気にしているのなら、相談をしておくと情報や対策を教えてくれるはずです。美容師は、毎日たくさんの髪と接しています。あなたよりも先に薄毛に気が付くかもしれません。

2.正しいシャンプーをしてますか

髪の美しき、健康を保つためにはシャンプーは必要不可欠ですが、ほとんどの人が自己流の洗い方で対処していませんか?

いくら育毛に熱心にお金も時間も使っていても、へアケア自体がぞんざいであれば、育毛効果が表れないどころか、まだある髪さえも逃げ出していってしまいます。

ハゲという観点をさらにミクロなプロセスで考えると、「抜け毛」自体は体内の原因以外にも、本数は少ないにしろ外部からの刺激によっても起こってしまいます。髪を手で触る「洗髪」は、この刺激に遭遇する機会が格段に増えると考えています。

3.頭皮マッサージが意外と効果も

マッサージで身体の血液を頭皮に潤滑に送り込んで血行を促進させる

薄毛対策として頭皮マッサージの重要性がよく言われますが、単純に頭皮を強く揉むだけだったり薄毛箇所だけを重点的にマッサージしても逆効果となる場合があります。

4.適度な運動は健康面からもおすすめ

有酸素運動などを無理なく継続した方が良いですね。

水泳、ジョギング、速歩きウォーキング

運動とハゲ。これは一見何も関係ないものとお考えになるかもしれません。頭を運動するということはないですからね。
ただ運動不足の状態ははげの原因の一つである「血行不良」と大きく関係すると考えています。なぜかというと、筋肉を動かすためには血も使います。ところが筋力が低下すると、血も活発に流れる必要もないですよね。

5.抜け毛にはたんぱく質を摂るのも重要

キッコーマンフーズ(紀文)が旨い!

こんな豆乳なら毎日でもOKなのでは

豆乳は髪の毛にとって良い働きをしてくれるものと思っていただいて大丈夫です。豆乳を飲むことで期待できる頭皮や髪の毛に対する効果は大きく3つです。・頭皮を良くしてくれる効果・頭皮を若返らせる効果・男性ホルモンの抑制効果

6.お酒の飲み過ぎはダメですよ

お酒好きの人にとっては、かなりショッキング

しかし、お酒はたしなむ程度なら問題ありませんので・・・

なぜ飲酒が薄毛の原因になるのかと言うと、お酒全般は穀物や果実を原料に作られるので糖分を多く含んでいます。糖分を過剰に摂取すると糖分は血中で脂肪へと変り、過剰な皮脂の分泌を引き起こします。この過剰な皮脂が毛穴に溜まり角栓になると毛穴を塞ぎ抜け毛の原因になります。

アルコールは血行を促進し、一見身体にとっていい働きをしてくれるようにみえますが、アルコールが分解される過程で、体内では毒性のあるアセトアルデヒドという物質を生み出します。 このアセトアルデヒドが一定の量を超えると、どうやら薄毛を促進してしまうようです。

7.強い紫外線が髪を傷めます

紫外線は肌だけではなく、髪や頭皮にも深刻なダメージを与えます!

女性と違い、男性は日光を気にしない方が多いですが、知らず知らずのうちに、頭皮環境が悪化しているので・・・

紫外線が当たることでキューティクルにダメージが出始めます。キューティクルは、髪の毛の表面を守って健康な髪を保っているだけではありません。頭皮の表面にあって乾燥を防ぐ役割もしています。また頭皮の温度まで下げてしまいますので、冷えてしまった頭皮は血行不良の状態になりますね。日が当たって温かく感じている反面、冷えきった頭皮のままになっているのです。

8.最後はやっぱり育毛剤に頼ってみる

抜け毛が気になりだしたら、悩むでいないでまずは試してみることですね。
最近は、効果が現われなかったら全額返金対応の商品もあります。

育毛剤は頭皮に有効成分を浸透させることが重要なので、シャンプーをし、頭皮と清潔にしてから振りかけ、マッサージをしながら、しっかり頭皮にもみ込むようして使うことをおすすめします。薄毛が進行していて、毛母が完全に消失してしまっている部分には、いくら利用しても効果を得られません。

結局は生活習慣が問題で、改善することが健康面からもベスト!

生活内容や習慣は、髪の毛を含む健康に深く関わりがあるものです。だからこそ、出来る限り生活改善を行って身体の健康を維持することが薄毛対策に繋がります。どのような点に注意して改善を行えばいいのでしょうか?

ストレスによって乱された血行は髪の毛に充分な栄養分を送ることが難しくなります。
そのため、毛母細胞の活動が急停止してしまい休止期に入る前に抜けてしまうことも少なくないのです。また抜けるまでに至らなくとも、過度のストレスが掛かった髪の毛は髪を黒くしているメラニン色素の合成が阻害され、白髪になってしまうことがあります。

1