1. まとめトップ

ちょっと待って!ビジネスシューズを買う前に知っておくべき事

綺麗なビジネスシューズ履いておけば間違いないでしょ!って思っているそこのあなたに見てほしい!ビジネスシューズもちゃんと種類があり、シーン別で使い分けがあります。スーツと同じぐらい大事なビジネスシューズを確認していきましょう。

更新日: 2016年12月05日

18 お気に入り 26455 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Angelbaby.mさん

▼まずはビジネスシューズの種類からご紹介

普段からよく目にするビジネスシューズですが、いくつか種類があります。

きっとあなた好みの種類が見つかりますよ。

♦ストレートチップ

つま先のアッパーの部分に横一文字の縫い目があるものをストレートチップと言う。
最もフォーマルなタイプで、ビジネスから冠婚葬祭まで様々なシーンで使える。
革靴は履きシワがどうしても付いてしまうが、ストレートチップは一文字の切り替えよりも前のつま先にシワが付きにくいので、美観を保ちやすい。
一番汎用性が高いので、革靴選びに迷ったらとりあえず買っておいて損はないだろう。

♦プレーントゥ

装飾やステッチが施されていないシンプルなタイプ。
外羽根式はカジュアル寄りで、内羽根はフォーマル寄りで使える。
ストレートチップ同様人気のタイプとなる。

♦Uチップ(Vチップ)

アッパーのトゥの部分でU字型(V字型)に縫い付けてある靴。
靴に厚みを出せる縫い方なので、幅広の足や甲高の足にも比較的フィットしやすい靴である。
ややカジュアル寄りの靴。

♦ウィングチップ

アッパーに鳥の羽根(ウィング)のようなW字の縫い目がある靴。革が重ねてあるので丈夫である。
メダリオン(つま先革の穴飾り)やパーフォレーション(アッパー(甲革)に施される大小の穴飾り)という装飾も一緒に施されることが多い。
クラシカルでカジュアルな印象を与える。

♦モンクストラップ

バックル留めのストラップで甲を締める靴。
「モンク」とは修道士のことを指し、修道士が履いていた靴なので「モンクストラップ」という名前がついたと言われている。
紐靴よりもカジュアルな印象を与える。

♦ダブルモンク

モンクストラップのベルトが2つあるタイプ。
1つだけのタイプより印象は華やかである。
ストラップのボタンホールは平均3つあるので、甲の高さによって変える事が出来る。
ドレッシーな印象を与える。

♦ホールカット

1枚革だけで作られる靴。
かかと以外に継ぎ目を作らず、アッパーを包み込むように仕上げるため、作るには非常に高い技術を要する。
装飾もなく、上品なたたずまいが魅力のひとつ.
もちろんビジネスシーンでも使える。

♦ローファー

U字のモカステッチが特徴のスリッポン。
靴紐がなく脱ぎ履きが簡単に出来ることから、「なまけもの」の意味である「ローファー」と名付けられた。
比較的カジュアルな革靴である為、ビジネスで使う場合は慎重に。

▼シーン別ビジネスシューズの選び方

♦ビジネス

【間違いない】
♦ストレートチップ
♦プレーントゥ

【スタイル次第でOK】
♦ホールカット
♦ウィングチップ
♦モンクストラップ
♦ダブルモンク

【不向き】
♦Uチップ
♦ローファー

♦リクルート

【間違いない】
♦ストレートチップ
♦プレーントゥ

【不向き】
♦ホールカット
♦ウィングチップ
♦モンクストラップ
♦ダブルモンク
♦Uチップ
♦ローファー

【NG】
♦紐靴以外
♦黒色以外の靴

♦冠婚葬祭

【間違いない】
♦ストレートチップ
♦プレーントゥ

【不向き】
♦ホールカット
♦ウィングチップ
♦モンクストラップ
♦ダブルモンク
♦Uチップ
♦ローファー

【NG】
♦黒色以外の靴
♦クロコダイルなどアニマル柄。殺生に通じる。

♦パーティー・結婚式2次会等

【間違いない】
♦ストレートチップ
♦プレーントゥ

【スタイル次第でOK】
♦ホールカット
♦ウィングチップ
♦モンクストラップ
♦ダブルモンク
♦Uチップ
♦ローファー

【不向き】
♦特になし

■間違いないのはストレートチップとプレーントゥ

プレーントゥ

ストレートチップ

1 2