1. まとめトップ

有名法則 一覧

更新日: 2016年11月12日

sararaouさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 3257 view
お気に入り追加

【マーフィーの法則】

落としたトーストがバターを塗った面を下にして着地する確率は、カーペットの値段に比例するなどの哀愁ただよう経験則。

「起こる可能性のあることは、いつか実際に起こる」
「うまくいかなくなり得るものは何でも、必ずうまくいかなくなる。しかも、最悪のタイミングで」
「何か失敗に至る方法があれば、誰かが必ずそれをやる」
「洗車しはじめると雨が降る」
など様々な経験則がある。
【マーフィーの法則の実例】
「自分が並んだ列がいつも遅い」
「試験直前に覚えた問題は試験に出ない」
「傘を持っていけば雨は降らず、傘を持っていかないと雨が降る」
「自分が出れない時に限って電話がかかってくる」
「試験が終わった後に解答を思い出す」
「USBを逆にいれてしまう。と思ったら最初の向きであってた。」
「新しい携帯を買った途端に新型が発表される」
「よくある質問に自分の求める質問がない」

【原因と結果の法則】
自分の今までの行いや思考(原因)が、いまの結果や環境を作り出したとする法則。
現在の自分は、過去の自分の行いの積み重ねの結果ということ。普段の過ごし方について考えさせられる法則。

【プレヴォの法則】
脳に異変のあるとき,頭は必ず患側方向に傾く

【カラーバス効果】
意識した事柄についての情報が次々と自分に集まってくるという法則。
意識していないと街中で赤色は中々見つからないが、意識すると途端に赤色がたくさん見つかる現象のこと。
普段から考えるクセをつけることの大切さを教えてくれる法則。

【一貫性の原理】
観、発言などを一貫なものにしたいという法則。
交渉ごとなどで、相手の発言などを記録することの重要性を教えてくれる法則。

【リボーの法則】
進行性痴呆においては,遠隔記憶は保存されるのに対して,近時記憶は失われる傾向にある.

引き寄せの法則】

自分の思考が現実になるという法則。
ポジティブな思考はポジティブな結果を引き寄せ、ネガティブな思考はネガティブな結果を引き寄せる。 物事に対する考え方について考えさせられる法則。

【ピグマリオンの法則】
人間は、嘘でもほめられるとやる気を出すという法則。

教師が生徒に期待することで生徒がやる気を出し、成績が向上することが元々の意味。
逆に、期待されないことで成績が落ちることをゴーレム効果という。

【パーキンソンの法則】

仕事の量は完了するために与えられた時間を全て満たすまで膨張し、支出の額は収入の額に達するまで膨張するという法則。
切羽つまらないと中々物事に取り組むことができない人間の弱さを教えてくれる法則。

【ボッサードの法則】
物理的距離と心理的距離は比例するという法則。
つまり、普段近くにいる相手ほど好意を抱きやすいということ。
誰かと付き合いたかったら、その人の近くにいるように心がけることを教えてくれる法則。

【メラビアンの法則】
人は人を見た目で判断するという法則。
人は相手を服装や表情などの外見で55%判断する。
話の内容などその人の内面的なことは7%しか考慮されない。
身だしなみについて考えさせられる法則。

【限界効用逓減の法則】

財から得られるメリットは、その財を消費するごとに小さくなるという法則。
2杯目のビールは1杯目のビールほどうまくないということ。

【3の法則】
人間は呼吸が出来なければ3分、
飲まず食わずだと3日、
水だけだと3週間が生存の限界である。
サバイバルの基準として重要。

【1の法則】
相手に効果的にメッセージを伝えるための法則。
1つのスライドに1メッセージ、1通のメールに1つの用件など、シンプルに伝えることの大切さを教えてくれる法則。

【パレートの法則】

成果の80%は20%のリソースから生まれているという法則。
売上の80%は20%のセールスマンが稼ぎ、利益の80%は20%の製品が稼ぐ等、ビジネスでよく使われる法則。

【10000時間の法則】
ある分野で成功するために必要といわれている時間が約1万時間。
1日3時間を毎日、10年続ければ約1万時間になる。
毎日コツコツと進歩することの大切さを教えてくれる法則。

【ジラートの法則】
人は平均して250人の人間とつながりがある。
つまり、一人を不快にすることは250人を敵に回すかもしれないということ。
人との付き合い方について考えさせられる法則。

1





sararaouさん