1. まとめトップ

渡辺竜王「三浦さんを処分してほしいとは言っていない」三浦弘行九段の不正騒動について

三浦弘行九段の将棋ソフトを利用した不正騒動の続報。渡辺明竜王が一部報道を否定。ハッシーこと橋本崇載八段もtwitterでの発言を否定。日本将棋連盟は第三者調査委員会を設置。週刊文春等。ソフト不正問題。橋本八段。羽生三冠。渡辺竜王。三浦九段。

更新日: 2016年11月01日

mangamomiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 16136 view
お気に入り追加

三浦弘行九段の将棋ソフト不正疑惑

対局中、三浦九段の離席が多く、スマートフォンを使って不正をした疑いがある。過去に対戦した棋士から指摘があった

この件に関して渡辺明竜王「クロだ」週刊文春で報道

渡辺竜王は過去の三浦九段の対局も含めて調べ、指し手の一致、離席のタイミング、感想戦での読み筋などから「間違いなく“クロ”だ」と確信したという。

渡辺明竜王(32)が、「疑念がある棋士と指すつもりはない。タイトルを剥奪(はくだつ)されても構わない」と、連盟幹部に強く対応を求めていたことを明らかにした。

一転、「三浦さんを処分してほしいとは言っていない」一部報道否定

渡辺竜王は「三浦さんを処分してほしいとは全く言っていないですし、ファンの皆さんや棋士の間にも本意とは違う形で間違って伝わってしまっています」

「(三浦九段を処分しないなら)竜王戦は指さない(出場しない)。タイトルを剥奪されても構わない」などと発言したとされることについても、事実ではないとした。

渡辺竜王は「人を疑うことは本来良くないこと。ただ、複数の棋士から『疑わしい』という声が上がったことは、本人に話を聴くには十分に値することだと思います」と説明

橋本崇載八段もtwitterでの発言を否定

橋本崇載八段(@shogibar84)は『Twitter』にて、スポニチアネックスが『Yahoo!ニュース』に配信した
「三浦九段 スマホ不正疑惑で竜王戦挑戦に待った!出場停止処分」
という記事にリンクを貼り、
「実は少し前からこの話は知っていた。将棋界の情報には疎い俺でもです。
さて、何書くか…。」
とツイートし、いくつかツイートを続けた。

一転、否定へ

夜分に失礼します、橋本崇載です。この度の不正疑惑問題について、たびたび自分の名前が報道されていることにつきまして、抗議をさせていただきたく存じます。 こちらは、公式な声明ととって頂いて構いません。ただし、このアカウント自体は、私の公式アカウントではございません。

当アカウント、及び@SHOGIBARアカウントは、主にSHOGIBARの宣伝を目的に5年程前に当時のスタッフに作ってもらったものです。 この2つのアカウントにつきましては、これまでのスタッフとともにアカウントを共有しており、私が呟いたものもあればそうでないものもあります。

私が三浦弘行九段の不正を断定した。という事実はありません。そもそも、私はこの件の取材を一切断っています。また、私が将棋連盟に対し、三浦弘行九段の処分を求めた、という事実もありません。そもそも、騒動後に私が将棋会館に行ったのは対局の日以外には一切ありません。

これらの報道は全てでたらめです。事実関係の確認もなしに、人の名前を利用して記事にするというのは報道ではなく暴道と思います。芸能人ならよくある話、かと思いますが私は単なる一般人です。こんないいかげんなメディアに食わさせてもらっているわけではありません。

また、以前から再三にわたり危険を訴え続けてきた、将棋ソフトとの関わりがもたらした今回の騒動に関しては、怒りはとうに通り越して呆れ果てているというのが正直なところです。これまで一貫して、将棋ソフトとの一切の関わりを拒んできた私がこの問題に向き合う必要は全くないと思っております。

羽生善治三冠は「疑わしきは罰せず」

②そして、今回の件は白の証明も黒の証明も難しいと考えています。疑わしきは 罰せずが大原則と思っていますので誤解 無きようにお願いを致します。羽生善治 pic.twitter.com/Op1fHZDhaR

三浦九段は二つの反論文書を公表

三浦九段が「対局中のソフト使用は一切ない」「連盟に一方的に処分された」などとする反論文書1を発表

三浦九段が「スマホの提出を拒否していない。そもそも連盟が望まなかった」「スマホ等を(連盟ではなく)調査会社に提出して調べてもらい、結果をそのまま公表する」などとする反論文書2を発表

週刊文春「三浦弘行九段はやっぱりスマホ提出を拒否していた」

1 2





mangamomiさん