1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ak47akenさん

■ランニングによるメリット

ダイエット効果

そんな有酸素運動の中で、ダイエット効果がとても高い運動というと「ランニング」があります。

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動と比べると運動強度が高いため、体にたまった脂肪の燃焼効果がとても高いんです。

基礎代謝を上げる

ランニングによってダイエットを進めると、筋肉量が増えて基礎代謝がよくなり、太りにくい体質へと変わっていきます。

ストレス解消

心のバランスを整える物質として注目を浴びている「セロトニン」。このセロトニンの分泌を高めるには太陽の光を浴びることが効果的ですが、それ以外にも分泌量を増やす方法があります。

そのひとつが運動です。とくに「リズム運動」と呼ばれるものは、セロトニンの分泌をうながす効果が高いと言われています。

有酸素運動の代表格「ジョギング」。リズムを意識してテンポ良く走れば、セロトニンを増やすリズム運動になります。

生活習慣病予防

肥満、高血圧、糖尿病などの生活習慣病において、食事療法と合わせて日々の継続的な運動はとても効果的です。運動にもさまざまな方法がありますが、中でもウォーキングやジョギングは特別な道具も必要なくすぐに始められ、全身の有酸素運動としておすすめです。

便秘解消

ランニングの便秘に対する効果についてですが、ランニングを行なうことで得られる効果として、
走る事によりお腹をねじる効果が得られて大腸を刺激する。
走る事により、腹筋が自然に刺激され大腸の動きを活発化させる。
足を一歩前にだすごとに大腸や腹筋を圧迫するためよりうんちが出やすくなる。
これらの大きな効果が得られます。

冷え性対策

睡眠の質が向上

ジョギングはエネルギーの消費大きいだけでなく、気分のリフレッシュにもなり、夜の寝つきも良くなります。

■用意するもの

ランニングウェア

楽しく走るランニングで、体調を悪くしては何にもなりません。この様なことが起こらない為にも、楽しく快適にランニングをするためにも、季節・気候にあった服装が大事です。

春・秋:長袖のTシャツとロング/ハーフタイツまたは 一般的なトレーニングウエアの上下
夏:半袖/ランニングシャツとランニングパンツ直射日光を避ける為の帽子
冬:春・秋の服装に保温のためのウインドブレーカーと手袋、早朝の場合は、寒さから頭部を保護する毛糸の帽子等

ランニング(ジョギング)の服装に年齢は関係ありません。派手な目立つ服装で、心身ともにリフレッシュした気持ちで、効果的なランニングを行いましょう。

ランニングシューズ

①“かかと”がヒールカップにきちんと収まっていること
②つま先に1cmほどの余裕があり、足の指が楽に動かせること
③アーチサポートが土踏まずにフィットしていること
④足がムレてマメができないよう通気性がよいこと
⑤シューズの厚さは個人の筋力に合ったものを選ぶこと

■ウォーミングアップ

1 2 3