1. まとめトップ

公認会計士になるための近道とは…?

憧れの職業「公認会計士」!そんな公認会計士になるために必要な資格とは…!まとめてみました!

更新日: 2016年11月01日

1 お気に入り 14224 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

まずは何と言っても「国家試験」!

全てはここから!
公認会計士への第一歩です!

公認会計士になるためには「公認会計士試験」に合格し「国家資格」を取得しなければいけないのです…

「公認会計士試験」を受けるための資格って…?

なんと!
試験自体は誰にでも受けるこ事が出来るのです!

年齢や学歴などは一切関係ありません!

筆記試験は二種類!

まずは毎年行われている公認会計士の筆記試験に合格する事!

試験の内容は「短答式」と呼ばれるマークシート形式と「論文式」と呼ばれる記述形式の二種類です。

筆記試験の合格率は10%…!

必ず受験しなければいけないのは「会計学」「監査論」「企業法」「租税法」の4科目。

この他に「経営学」「経済学」「民放」「統計学」のなかから1科目を選択して受験します。

しかし!
この筆記試験の合格者は毎年10%以下です…

現場での経験!

筆記試験に受かったら、現場での業務補助経験が二年間必要となります。

監査法人や会計を専門的に行っている企業に就職して、実際の仕事を通して公認会計士としての実践的な知識や技術を身につけるのです!

最後の壁…!

補助業務が終われば、いよいよ最終段階!
日本公認会計士協会が行う修了考査(筆記試験)を受けることになります!
合格したらようやく公認会計士です!

「公認会計士」へのまとめ!

一般的に受験者が筆記試験に合格するまでに費やす勉強時間は平均で2〜3年ほどです!
実際に資格を取得して登録できるまでには5年…!

でも5年頑張れば憧れの「公認会計士」!
この期間を長いと見るか短いと見るか…!

1