1. まとめトップ

結婚を成功させる秘訣?!結婚相談所と街コン・合コンの違いとは?

結婚したいのにできない?!どうやったら結婚できるのか!結婚を成功させるためのコツとは?!

更新日: 2016年11月01日

0 お気に入り 11960 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pontaspontasさん

結婚したいけど、結婚相談所というと抵抗がある

「結婚したい!」という人は非常に多いといわれています。

しかし、仕事一辺倒で出会いもなく、時間もないというまま過ぎ去ってしまおうとしている適齢期後半になって焦ってくる人は男性女性問わずたくさんいるそうです。

適齢期後半ともなれば中堅といわれる立ち位置であり、仕事ができているため男女問わず金銭的な余裕から個をしっかりと持ちすぎてことから妥協できないという悪循環が強く出てしまいます。
出会いがあっても成功しない、結婚までたどり着けないというのは、こういった現代ならでは要因かもしれません。

しかし、真面目に結婚を考えていてもいつかできるだろうと考え、結婚相談所の利用までは考えていないという人が多く、時間を無駄にしてしまう人が増えているそうです。

そこで、合コンや街コンと結婚相談所の違いにスポットを当ててみたいと思います。

街コンや合コン 結婚できる確率は3%?!

結婚相談所やお見合いでは、最初に年齢や職業などのスペックで判断(中略)条件ありきの出会いなんですね。

ところが街コンは、良くも悪くも色んな人が参加していて当たり前! まずは乾杯して自己紹介するところからなので、フィーリング重視の出会い

結婚までに至ったカップルが3%という数値にびっくりしたと思いますが、私もびっくりです。
街コンや合コンは、参加人数が非常に多く結婚相談所とは比べ物にならないほど大規模に行われていることもあります。しかし、本当に単なる出会いを求めている人も多いため、結婚まで意識していない人がほとんどです。

つまり、たまたま結婚まで至ったというのが3%という結果であるため、結婚までに至ったという数値が低いのかもしれません。

結婚相談所はサポート充実!デートプランまでサポートも!

出会い系サイトや、安価な婚活サイトでは、最初のメッセージのやり取りからデートの約束まで、全て自力でやらなければなりませんが、結婚相談所が主体の婚活サイトは、担当者が相性の良いお相手をマッチングしてくれて、メッセージのやり取りの方法から、デートの場所やプランをある程度はサポートしてくれます。

男性女性ともに恋愛に奥手で、どうしても異性を前にすると緊張してしまうという人には結婚相談所のサポートが最適です。街コンや合コンとは違い諸費用など、コストパフォーマンスは高い傾向にありますがそれなりの情報量とサポート力が存在します。

しっかりと、自分へのダメ出しなどもして成功への導き手となってくれますので、どうしたらいいのかわからない・何をしたらいいのかわからないという人にはうってつけの場所です。

街コンや合コンは出会いの場 結婚を意識している確率は低い

付き合った人と結婚まで至る確率は、20代前半なら30%以下、
20代後半から30代以降なら30~70%程度になると言われています。

彼女や彼氏を作る場として考えている人が多いため、結婚までという意識は低い場合が多いです。将来的には結婚ができればいいなという心構えである場合が多く、参加者も若いということが特徴です。

若い人との出会いを求めたい場合は適切であるかもしれませんが、若い人は同年代を求めている可能性もありますので、それなりの魅力やコミュニケーション能力を持っていなければ相手にされない可能性があります。サポート体制はほぼありませんので、出会いを掴むのもチャンスをつかむのもすべて自己責任です。

気軽に参加できる場合が多いですが、基本的には自己責任といった面が強くあります。

相性が良い相手との出会いをサポート 結婚相談所の意識

結婚相談所では、まず本人のプロフィールを確認します。
分かりやすい部分で言えば、どういった場所で育ち、どういった環境だったのか、どんな学校を卒業したのか、今現在どのような職業をしているのか、勤続年数は?といった細かな点を調査されます。

これは男女問わず同じであり、男性女性共に価値観があいそうだと考えられるパートナーを紹介するための結婚相談所ではファーストステップといえます。

その後、当人がどういったイメージで結婚を望んでいるのか、相手への条件などの確認が入ります。どれだけ年収が多くある男性でも年齢があまりに高い場合、若い人20代女性を要望したとしても結婚相談所とはいえ出会いは少ないでしょう。
逆に専業主婦希望し、一切働きたくないなどという希望の女性もいるようですが、時代背景を考えても臨機応変に対応できない女性となれば選ばれない可能性が高くなります。

自分だけへのメリットを条件としてしまうと、狭き門を自ら作り上げてしまいます。

理想を作り上げすぎないことが成功のコツ

上手くいかないという人の特徴は、相手に対する要望が非常に細部にわたって多い場合があります。相手に求めるということは、相手も自分に求められるということ忘れてはいけません。相手が何もかも自分の理想通りに動くロボットではありませんので、思いやる気持ちや高望みする希望は忘れましょう。

2人で作り上げていくのが結婚であり、家庭です。
結婚は、思い通りになるはずがありません。他人同士が一緒になり生活していくわけですから、多少なりとも衝突があるでしょう。初めから描いた理想通りの完璧を求めてしまうと結婚は難しいでしょう。

どうしても外せない条件以外は、3個まで。

理想をより現実的に絞って考えてみましょう。
高すぎる理想は、失敗の元。

清潔感・清楚感 流行に流されすぎないキレイさを

ありのままの自分を見てほしいからといって、無精ひげを伸ばしたり、髪の毛をカットしていなかったり、染めた髪を手入れしなかったり、ノーメイクだったりというのは常識から考えても清潔感がない思われるでしょう。

「自分らしさ」というのをはき違えてはいけません。

あくまで一般常識的に感が手も、清潔であること、清楚な雰囲気であることというのは最低条件です。いくら若々しい感じがあったとしても、短すぎるスカートや胸元を強調したような服装は清楚というイメージではないでしょう。

最低限のマナーや礼儀、作法といった一般常識は必ず勉強しておきましょう。

1