1. まとめトップ

転職先として人気に?!タクシードライバーになるために必要な事とは?

タクシードライバーはブラックじゃなかった?!転職先として人気のタクシードライバーになるための方法とは?

更新日: 2016年11月01日

0 お気に入り 6234 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pontaspontasさん

タクシーの運転手になるには、何か特別な資格がいるの?

タクシードライバーへの転職が注目を集めているそうです。
しかし、タクシードライバーというとどうやってなったらいいのか?わからないという声も多いのだとか。確かに、ドライバーというと免許がいることはわかりますが、本当にそれだけでいいの?という疑問は出てきますよね。

そこで、タクシードライバーになるために必要な事やタクシードライバーの実情についてまとめてみました。

車の免許 「二種免許」が必要になる!

第二種運転免許は旅客を運送する目的で、旅客自動車を運転する場合に必要な免許です。

旅客自動車というのはバス、タクシー、ハイヤー、民間救急車などの車両の事です。自家用バスや送迎用の自家用車、レンタカーなどは旅客自動車に含まれません。また自動車運転代行業の場合にも第二種運転免許が必要です。

「二種免許が必要」というのはなんとなく聞いたことがありませんか?
二種免許を取得するためには条件がありますが、最近ではAT限定でも問題ないというタクシー会社も増えているそうです。

ただ、お客様を乗せて運転するわけですから二種免許はとっても難しいといわれています。

タクシードライバーは地図を把握しなければならない!

問題は、道路および地名、著名な建造物、公園、名所、旧跡、鉄道の駅の所在など、東京特定指定地域内でタクシー業務を行う際に必要な地理に関する内容が40問出題されます。32問以上正解(正解率80%)すれば合格です。

指定地域でタクシードライバーになるためには、地理試験を受けてパスしなければいけません。
地理試験とはタクシードライバーにとって登竜門であり、絶対に必須といっていい試験です。もし、方向音痴などの自覚がある場合は必死になって地図を叩きこまなければいけません。

ただ、非常に受かりやすい試験だとも言われていますので、行ったことがない場所であったとしてもテスト対策をしっかりとしておけば受かることがほとんどだそうです。

個人タクシーと法人タクシーの違いとは?

料金や営業方法などについては、個人も法人もそんなに変わりありません。が、決定的に違うのは事業形態。個人タクシー事業者は、自分が全責任を持って経営する個人事業主です。

個人タクシー事業者として 独立するためにはいろいろと条件があり、クルマを購入するのも個人負担。その上、厳しい審査をパスしないと事業許可がおりないのです。

個人タクシーとして独立するには非常に厳しい審査があるそうで、事業許可を得ることが大変なのだそうです。基本的にはそういった自己負担である部分などがとても大きいため、法人タクシーで働く人が多くいます。個人タクシーの場合、何もかもが個人負担になりますので諸費用など投資する金額が非常に大きくなる可能性があるでしょう。

タクシードライバーの年収ってどのくらい?

タクシードライバーは殆どの会社が完全歩合性を採用しています。

完全歩合制というと稼げる反面、稼げないかもしれないという不安がよぎると思いますが、しっかりと仕事をしていれば特別な事をしなくても平均年収である400万を下回る事は無いと思います。

会社によって差はありますが、どちらかといえばしっかりと稼げるお仕事のようです。
もちろん、特殊な勤務形態やそれ相応に苦労があると思いますが、接客を一人で行わなければいけない反面、自分をドライバーとして気に入ってもらえる固定客などを見つけることもできます。

ひとりで行う分複雑な人間関係もありませんし、努力すればするだけしっかりと稼げます。どんな職にもメリットデメリットがありますが、相性がより強く出る職業のひとつかもしれません。

ハイヤーなどの運転手に転職することも可能に

ハイヤーは、交通機関の中でも高い付加価値を持った個別輸送機関です。役員の移動手段、官公庁への訪問、海外VIPの送迎など、エグゼグティブ層を中心に様々な用途にご利用いただいております。

専属の運転手であったり、ハイヤーなどの運転手であれば決まった経路を運転するだけということが多いため思わぬ僻地や知らない場所への運転は少ないでしょう。

ただ、状況によっては仕事量が減るため収入も減る可能性が高い場合もあるそうです。専属ドライバーなどの契約など、しっかりとした条件があればよりいい収入が手に入るかもしれません。

タクシードライバー 相性に強く左右されやすい職業

ブラック企業などと揶揄されることも多いですが、転職した結果とてもあっていて前にいた会社よりも安定した休日と収入が得られるようになったという声も多くあります。
仕事自体は車の中でお客様と自分だけという状態ですので、仕事の間中上司や同僚とのしがらみに頭を悩ませるようなことはありません。むしろ、自由度が高い職業といえます。

ただし、勤務形態などが非常に特殊であるため慣れるまではつらいと感じる人がほとんどです。給与の面に関しても、しっかりと努力した分認められることも多く、上客をのがなさないようにする工夫なども自分で考えて動くこともできます。

変なしがらみで悩むようなことはないという点が「自分にあっている!天職だ!」と声もおおくあるそうです。

1