1. まとめトップ

転職したら仕事が楽しい!ブラック企業からの脱出 人気転職先ベスト5!

ブラック企業と気づかずに働いていた?!気がつけばサービス残業ばかりに。そんな時こそ転職を考えよう!

更新日: 2016年11月07日

4 お気に入り 18394 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pontaspontasさん

実は今の会社がブラック企業?!

当たり前だと思っていたことが、実はブラック企業だったということがあるそうです。
長年そういった会社に勤め、習慣づいてしまうと「おかしい」ということに気づけなくなってしまいます。

本来ならば評価されるべき仕事も、サービス残業にすり替わってしまう。
保証される基本給があがる見込みもなければ、ボーナスもなし。

そんな時、転職を考えてしまいませんか?

ブラック企業だと気づいていない人も多い実態…

ブラック企業とは従業員に違法な残業を強いたり、会社の経営状態が悪いことを理由に給料の未払が続いたり、求人広告とは全く違う無理な労働条件を突きつけ従業員を使い捨てにするような企業を言います。

絵にかいたようなブラック企業であればわかりやすいかもしれませんが、ある程度我慢できてしまう部分がどんどん増えていくといった場合のほうが多いのではないでしょうか。実情として「仕方がない」と済ませてしまう部分が多いのは、そういった習慣が身についてしまった企業であるからこそ、変えようがないからです。

命を削るほど無理をしても会社は保証してくれませんし、自分で自分を追い込む必要はありません。働かなければ食べていくことはできませんが、体調を崩すほどその会社にしがみつく必要もないわけです。

転職先として人気No.1 タクシードライバー

転職を考えた際、タクシードライバーは有力な候補のひとつです。自由になる時間が多く、高齢者になっても続けやすいなどのメリットが多いからです。

タクシーの運転手になるには二種免許が必要です。勤務形態も特殊ではありますが、人とのしがらみといった点は仕事中に発生することがなく、実は意外とお給料も安定しており転職先として相性が良かったという声が増えています。東京都心部など、転職先としてはタクシードライバー・タクシー運転手は若い人にも転職先として人気急上昇中です。

現時点で二種免許を持っていなくても、免許取得の費用なども負担してくれる会社も増えています。職に就いた時点での保障される給与もしっかりあるため転職先として人気が高くなっているようです。

経験がなくてもOKが多い!実力と努力次第で評価UP!営業職

特に学歴や資格は必要なく、一般企業に就職し、営業部門に配属されれば良い。

営業という職業は特に資格といったものもなく、営業に配属された時点ですぐに仕事を開始できます。
営業職に向いている人は、コミュニケーション能力高い人とお話が上手な人です。話すことが好き、まめな性格、気配り上手といった小さなことにも気を配り、人の気持ちを慮ることができなければいけません。

営業職は成績次第という点が多いため、実力主義といえます。
向いていな人にとってはブラック企業という印象が出てしまうかもしれませんが、向いている人にとっては自由な時間が限りなく多く存在するため非常に人気の職といえます。

現在は不動産業などの営業が大変人気です。

求人数多数!Web系・IT企業

IT営業はパッケージソフトなどの製品、システム開発やWebサイト制作など、IT(インフォメーション・テクノロジー)に関するサービスを販売する職種です。

IT関係といってもIT営業職です。
WebやIT系というとブラック企業のイメージが強く、残業当たり前・サービス残業当たり前といった声は多く存在します。中小企業でなくともそういった場面は多少なりともあるようで、残業が多い職業といえるでしょう。

しかし、IT営業は取り扱う製品を販売する職種になります。
そのソフトを作っているわけではありませんので、通常の営業職とあまり変わらないでしょう。ただ、ソフトの使い方・導入方法など少々コアな知識を必要としますので、そういった点の勉強は必要になります。

コミュニケーション能力が低くてもOK?!製造業

製造業とは、有機または無機の物質に物理的、化学的変化を加えて新たな製品を製造することを業務とする事業所、またその製品を卸売する事業所を指します。

製造業というと大雑把ですが、自動車の工場などは短期間でしっかりと稼ぐことが可能であるため大変人気の職業です。ただ、夜勤もあり体力的には非常に厳しい現場である可能性が高いでしょう。

その代わりしっかりとした給与面や寮なども完備されているため、人気の高い職業です。平均月収としても31万円ほどと非常に高い傾向にあるという点も魅力ですね。

大変だけど重要多し!ケアマネジャー

ケアマネジャー(ケアマネージャー)とは、介護や支援を必要とする人が介護保険制度を利用して自立した生活を送れるようサポートする仕事

ケアマネジャーは介護職の中でも実際に介護をするというよりは、介護プランを考えるなどの要介護者と介護者へのサービス担当者としての役割を果たしています。ケアマネジャーでなければできない仕事も多数存在するため、これからより需要が高くなる職業のひとつです。

ケアマネジャーになるには資格がありますので、その取得が必須となります。
また、合格したからといってすぐにケアマネジャーになれるわけではなく既定の研修を修了することが必須となっています。

体力的にも精神的にも非常に大変ではありますが、これから先需要が増えるため長い期間携わることができる職業ではないでしょうか。ただ、介護というのは非常にしっかりとした信念がなければ続けることが難しいといわれています。
給与携帯も今現在は非常に見合わないといわれている部分も多くありますので、転職前にどういった勤務形態・給与保証があるのかをしっかりとチェックすることが大切です。

1