現在の検疫状況では付加価値の高い産品を輸出しようとしても検疫のハードルが高く、そう簡単には出荷できない取り決めになっているのである。そのハードルを下げ、多くの農家が海外へ農産品を出荷できるよう取り組みを進めているのである。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

長崎幸太郎議員と農協改革に強かに準備するJA山梨の戦略まとめ

農協改革について世間では議論が繰り返されている。農協側は反対だとしながらも、着々と改革に合わせて変化をしてきている。ここでは、長崎幸太郎議員とJA山梨が取り組んだものなどをまとめている。

このまとめを見る