TPPの議論では様々なものがあるが、中には日本の農産物を海外に出荷していくと日本国内で食べられる量が減るのではないかという批判もある。もちろんそうなっていくだろう。なくなるということはないが、クダモノはおいしいものはどんどん高付加価値化していくだろう。マーケットが広がることによっておいしさの付加価値がつきやすくなっていくのだ。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

長崎幸太郎議員と農協改革に強かに準備するJA山梨の戦略まとめ

農協改革について世間では議論が繰り返されている。農協側は反対だとしながらも、着々と改革に合わせて変化をしてきている。ここでは、長崎幸太郎議員とJA山梨が取り組んだものなどをまとめている。

このまとめを見る