1. まとめトップ
  2. 雑学

底抜けに明るいあの人も...壮絶体験を経験した芸能人は多かった

華やかなイメージのある芸能人ですが、実はかなり壮絶な体験をしている人も多いんです。

更新日: 2017年04月02日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
50 お気に入り 137117 view
お気に入り追加

華やかなイメージのある芸能人

芸能界の怖い話芸能界というと、一般人から見ると、とても華やかな世界に見えます

▼でも、実はかなり壮絶な体験をしている人も多いんです

間寛平

過去に1億円の借金の保証人となり、そのあまりの辛さから娘と心中することを考えたという

街金と呼ばれるようなところからお金を借りた先輩だが、その後先輩は突如として姿を消し、間寛平は利子を返していく借金生活が始まる

結局間は家族や明石家さんま(60)ら友人の協力もあって仕事が増え、21年という長い時間をかけて借金を全額返済した

太田光

3年間クラスに友達がひとりも出来ず誰とも話をしなかった

修学旅行では約10冊の小説を持参し、1人で全部読みきった

演劇部に所属するが他に部員がいない為、文化祭では堂本正樹の「ナイロンの折鶴」を一人芝居する

大島美幸

大島美幸さんのいじめの体験は壮絶でした。物を隠されたり、叩かれたり、砂に埋められたり、笑いものにされるんですね

中学では同じバスケット部の男の先輩にいじめられた。一年生はゴール下で先輩がシュートしたボールを拾い、また先輩に渡す役割だった。私をいじめたそいつはゴールを狙うのではなくいつも私の顔面を狙っていた

体を張る危険な仕事でも「楽しくてたまらない」と語る。これはMという意味ではなく、後述の壮絶ないじめに比べたら大したことではないとの考えによるもの

中学の頃には「オカンと兄貴を殺さないと自分の将来がなくなる」と日常的に考えてしまうほどに凄惨を極めていたといいます

若井おさむ

自宅を離れて居酒屋の経営(父親の出資でテーブル3つ、カウンター7席ほどの小さな店)を始める

若井おさむが家を出た途端に、今度は父親が新たな虐待のターゲットに。若井おさむに離婚の決意を打ち明けたその夜に、父親は首を吊って自殺してしまったそうです

若井は堪えきれず、父の葬儀で「お父さん殺したんはお前や!」と母親を責めたが、母方の親族にも取り合ってもらえずに絶望したという

ムロツヨシ

4歳で父と母が離婚して、親父が親権を取ったにもかかわらず、僕を親戚の家に預けて他の女性のところに行ってしまったんですね

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう