近年、発達障害に関する脳の反応に関する研究と遺伝子研究が大きく進んでいる。2011年にはMolecular Psychiatry誌で「成人ADHDに関する遺伝子」という論文が発表され、ADHDに対する関与が疑われる遺伝子が複数示された。この遺伝子研究の進展により、海外の遺伝子検査では、ADHD他自閉症スペクトラム(ASD)等の発達障害の判定・評価項目があることが普通となっており、成人の自身の治療のあり方の判断やバースコントロール判断の指標にもなっている。最近では、ショウジョウバエのフルートレス遺伝子のようなものが人間にも存在しており、ASDとGID性同一性障害との遺伝生物学的関連性も指摘されている。そんな中で、MRI/fMRI検査による発達障害の脳の機能傾向(Functional Tendency)の研究とそれを踏まえた最新治療も導入されてきている。このような遺伝子と最新治療を切り口に、発達障害を巡る脳のサイエンスのトピックをご紹介しよう。

次へ