As for a genetic cause, twin and adoption studies show ADHD to be highly inheritable. Some recent research has focused on genes involved in the dopaminergic neurotransmission system of the brain. Two genes have been studied for their possible genetic links: dopamine D4 (DRD4) gene and dopamine 5 (DRD5) gene.

出典Genetic Insight into ADHD

「ADHDの原因研究の分野における双子研究の結果、ADHDは大変強く遺伝するものであることが示された。複数の研究においてdopaminergic neurotransmission systemに着目した研究がなされてきたが、dopamine D4 (DRD4) 遺伝子および dopamine 5 (DRD5) 遺伝子が強く関与していることがわかっている。」

前へ 次へ