1. まとめトップ

ブラックアニメ会社「P.A.WORKS」のアニメーター違法就労問題 富山労働局がついに動き出す!

富山県のアニメ制作会社「ピーエーワークス(P.A.WORKS)」に勤務しているという人物がTwitterで内情を暴露していたことが発覚し、大きな騒動に発展した。同社の雇用条件や賃金に対して、批判的なツイートを連発。それらが注目されて、ネット上の各所に情報が拡散される事態となった。

更新日: 2016年11月04日

hageblow07さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 11137 view
お気に入り追加

アニメーターさんの内部告発から大炎上

暴露した人物は「動画」の研修中で、「原画」の仕事への昇格を目指していた。ピーエーワークスHPによると、採用時の雇用形態は「嘱託契約」で出来高制であるという。1年間は「動画」の仕事を行い、昇格試験に合格すれば「原画」へ進むことができる。試験は3回まで受けることができるという。

「動画」の雇用条件に関して、「この規模の会社にしては頑張っています」と同社HPには書かれている。同社では「原画」の人材を育成するための先行投資として、「動画」を位置づけているそうだ。だが、暴露した人物は、同社の雇用条件に苦言を呈している。「原画にあがれないまま動画3年目になると机代月6000円発生する」というのだ。

「『才能がないやつは出ていけ』という圧力がやばいと思う」、「3年も低賃金で会社のために仕事してた人にそういう扱いかあと思ったらめちゃくちゃ会社に対して冷めましたね」。「社員でもないのに会社に机をお借りして仕事を頂いている!立場ですから!今日もお仕事頂けて嬉しいです!感謝感激!!!!!!ありがとう会社様!!!!!」。

「原画にもあがれない無価値の新人が会社さまの愚痴を言ってしまい申し訳ありません」、「今日もお仕事いただきありがとうございます!明日も会社でないとおわらないです!祝日もお仕事頂けて本当にありがとうございます!ありがとうございます会社さま!」と皮肉を込めたツイートを連発。「虚しくなって今朝から号泣しながら仕事してる」という。「わたしたちも人間です!」、「わたしたちの人生は有限です!」と訴えた。

アニメーター自身の収入を大公開!

7月は44139円で、弁当代、寮費、定期代などを控除後の支払額は1477円。10月には「お賃金3ヶ月で67倍になったよ~~」と自嘲気味に書いているが、106088円で、控除後の支払額は67569円だ。

富山県の最低賃金は時給770円である。

富山県最低賃金 時間額 770円(H28.10.1)

富山県内で働くすべての労働者と使用者に適用されます。

会社をクビに…

その後のツイートによると、一連の暴露との関係には言及していないが、「会社くびになりました」という。これらのツイートを見た人々の反応は、大きく分かれた。研修期間中であったとはいえ、待遇があまりにもひどいという非難の声が殺到した。その一方で、研修中の待遇としては決して悪いものではないという意見もある。

PAワークス本社に問い合わせをしてみた所…

11月3日の昼、当サイトでは株式会社ピーエーワークスに連絡を取った。応対した社員は、本件に関しては全く把握していなかったそうだ。そこで、騒動の概要と経緯、主要な論点などを説明した。ツイート内容や解雇の真偽を尋ねたところ、状況を把握していると思われる社員が席をはずしているという。戻ってくる時間も未定であるとのことだった。

富山労働局へ問い合わせ

厚生労働省の富山労働局は、休日のため連絡がつかなかった。続いて、連合富山の労働相談の窓口に尋ねた。美容室や理容室で、「研修」と称して最低賃金が保障されない、違法労働が横行しているそうだ。アニメ制作業務の場合も、会社に勤務して時間を管理されて業務に携わっていれば、それは確実に「雇用契約」であり、「研修」などの名目をつけたとしても、最低賃金を超えていなければならないという。

最低賃金法とは

一般水準より賃金が低い労働者の労働条件向上と生活の安定をはかるため業種,職業または地域に応じてその賃金の最低額を保障する法律

例えば、店と契約してマジックやダンスを披露する仕事は、「業務請負契約」である。「特定の時間内にいくつのステージを」という契約であり、この場合は、1ステージあたりの単価は非常に低くても契約が成立する。ただし、客に酒を提供するなどの業務も店側が求めるならば、雇用契約と見なされ、最低賃金の条件が課されるという。

アニメ制作業務で、「イラストを何枚」と「量」で依頼すれば、業務請負契約になり得る。しかし、その場合、勤務場所や時間などの拘束は一切ないものとする。会社に通い、アシスタントに該当する業務を行うことには、上記のような「主体性」はないため、業務請負契約とは見なせないという。したがって、会社が期待する「量」を下回る成果しか上げられなかった場合にも、最低賃金以上を支払う義務があるとのことだ。

偽装請負とは

「偽装請負」とは・・・
 書類上、形式的には請負(委託)契約ですが、実態としては労働者派遣であるものを言い、違法です。

*請負と労働者派遣の違いは・・・
 請負とは、「労働の結果としての仕事の完成を目的とするもの(民法)」ですが、派遣との違いは、発注者と受託者の労働者との間に指揮命令関係が生じないということがポイントです。

偽装請負の代表的なパターン

<代表型>
 請負と言いながら、発注者が業務の細かい指示を労働者に出したり、出退勤・勤務時間の管理を行ったりしています。偽装請負によく見られるパターンです。

<形式だけ責任者型>
 現場には形式的に責任者を置いていますが、その責任者は、発注者の指示を個々の労働者に伝えるだけで、発注者が指示をしているのと実態は同じです。単純な業務に多いパターンです。

<使用者不明型>
 業者Aが業者Bに仕事を発注し、Bは別の業者Cに請けた仕事をそのまま出します。Cに雇用されている労働者がAの現場に行って、AやBの指示によって仕事をします。一体誰に雇われているのかよく分からないというパターンです。

1 2