4気筒はまるで電動モーターのように,スーと回る気持ちの良いバイクである.ただ,飽きやすいという意見をよく聞く.
エンジン音がすばらしくレーシーでかっこいい.これは気持ちいい.高回転まで回した時の音が2気筒に比べて甲高くいいのも魅力である.
ただ,低回転域のトルクは単気筒に比べると弱い.特に250ccの4気筒は街乗りでも比較的回さなければならない.これをストレスととるか,快感ととるかは人次第.
また,4気筒エンジンは車両重量が大きくなる傾向がある.そのせいか,比較的コーナリングは重たく,曲がりにくい場合がある.そのかわりストレートなどの高速セクションに出てしまえばその直進安定性と4気筒ならではの加速の伸びでライバルをぶっちぎれるだろう.

ただ,維持費の面では,プラグ数が単気筒の4倍,オイル交換量もcbr250rが1.5Lにたいして例えばホーネットは2.4L,燃費面(ちなみにcbr250rは実燃費30~40km/L)などが単気筒より高くなってしまう.

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

[2019年]単気筒がやめられない人向けの150cc~250ccバイクまとめ

普通二輪免許で乗れて,車検がなく,維持費もかからない、おすすめ250バイク シングル ネイキッド、スポーツ、クラシック、モタード、スクーター,2st(2スト),4st(4スト)などの人気バイクをまとめました!250ccバイク最速は単気筒だ!

このまとめを見る